古代ローマにおける老年期の体験<br>Experiencing Old Age in Ancient Rome

個数:
電子版価格 ¥7,582
  • 電書あり

古代ローマにおける老年期の体験
Experiencing Old Age in Ancient Rome

  • 在庫がございません。海外の書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せいたします。
    通常6~9週間ほどで発送の見込みですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
    重要ご説明事項
    1. 納期遅延や、ご入手不能となる場合がございます。
    2. 複数冊ご注文の場合、分割発送となる場合がございます。
    3. 美品のご指定は承りかねます。
  • 【重要:入荷遅延について】
    ウクライナ情勢悪化・新型コロナウィルス感染拡大により、洋書・洋古書の入荷が不安定になっています。詳しくはこちらをご確認ください。
    海外からのお取り寄せの場合、弊社サイト内で表示している標準的な納期よりもお届けまでに日数がかかる見込みでございます。
    申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
  • 製本 Hardcover:ハードカバー版/ページ数 256 p.
  • 言語 ENG
  • 商品コード 9780415299145
  • DDC分類 305.260937

基本説明

Explores how ancient Rome dealt with the physical, intellectual and emotional implications of the ageing process, and asks how the Romans themselves experienced and responded to old age.

Full Description

Old age today is a contentious topic. It can be seen as a demographic timebomb or as a resource of wisdom and experience to be valued and exploited. There is frequent debate over how we value the elderly, and whether ageing is an affliction to be treated or a natural process to be embraced. Karen Cokayne explores how ancient Rome dealt with the physical, intellectual and emotional implications of the ageing process, and asks how the Romans themselves experienced and responded to old age. Drawing on a wide range of contemporary material - written sources, inscriptions, and visual evidence - the study brings into focus universal concerns, including geriatric illness, memory loss and senility; the status and role of the old, sexuality and family relationships. The book's unique emphasis on both the individual and society's responses to ageing makes it a valuable contribution to the study of the social history of Rome.