また来ん春…

個数:

また来ん春…

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 27cm
  • 商品コード 9784947666185
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C1071

著者紹介

中原中也[ナカハラチュウヤ]
1907年、山口県湯田温泉に生れる。20年、山口中学に入学。22年に吉田緒佐夢、宇佐川紅葉らと歌集『末黒野』を刊行。23年、山口中学を落第し、京都立命館中学に転入学。詩集『ダダイストの新吉の詩』に共鳴して、ダダ調の詩を書き始める。23年、女優長谷川泰子と同棲、翌年に二人で上京する。28年に音楽団体「スルヤ」を知り、翌年『スルヤ』に詩を発表し、発表演奏会では歌詞として歌われる。29年、河上徹太郎、大岡昇平らと同人誌『白痴群』を創刊。以降自由に詩を発表する。34年、『山羊の歌』を刊行。37年、永眠

清宮質文[セイミヤナオブミ]
1917年、東京都新宿区に生れる。42年、東京美術学校油絵科を卒業。長野県上田中学校や慶応義塾中等部の美術教師やデザインの仕事に従事した後、53年に東京美術学校の同級生とグループ「ゲフ会」を結成。これを機に画業に専念、木版画の制作を始める。翌年、春陽会に初出品、初入選する。以後74年まで毎回出品する。木版画の他にガラス絵、水彩などの個展活動を続ける。91年永眠

出版社内容情報

総66頁 上製本カバー掛け
収録作品 詩28篇 画29点