映画全文―1992~1997

個数:

映画全文―1992~1997

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月22日 11時53分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 410p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784947648648
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0074

内容説明

映画100年を迎えた90年代、急速に変化する映画状況を見捉えながら、しなやかな手腕で語り起こす、渾身のエッセイ集。映画をめぐる思考の冒険と、映画に内在する運動の軌跡が鮮やかな言葉で刻まれる、絶妙のエクリチュール。

目次

大阪で『王手』を見よう
小川紳介の早すぎる死は、計り知れない損失である
稀有なドキュメンタリー監督の死―書評『小川紳介を語る‐あるドキュメンタリー監督の軌跡』
やっとジャック兄さんに会えた―ジャック・ベッケル『穴』
黒沢清『地獄の警備員』は潔く倫理的な映画である〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

踊る猫

19
九十年代の映画は名作が揃っていたのだなと思わせられる。まずなによりエドワード・ヤンを逸早く見抜いていた著者の慧眼に感服する。その他にも『ソナチネ』『恋する惑星』『CURE』などの「時評」は読み応えあり。なるほど一流の批評家の筆に依るものであるなと思わせられる。ただ、優等生的過ぎるという感も否めない。蓮實重彦氏がテレンス・マリックに示してブチ切れたような「狂気」が欲しいところ。映画に対する情熱はたっぷり持っているのが分かるだけに、もっとぶっ飛んだ(すが秀実よろしくチャート式「時評」のような)試みを求めてみる2018/06/17

Arol Color

0
何といういうか、軽い内容ばっかりっていう感じ2021/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1605488
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。