ええ音やないか―橋本文雄・録音技師一代

  • ポイントキャンペーン

ええ音やないか―橋本文雄・録音技師一代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 645p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784947648327
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0074

目次

はじめに 橋本文雄、あるいは録音技師の仕事
第1章 マイクを振る場所を決める―大映・助手時代
第2章 音にだって序列がある―日活製作再開初期の頃
第3章 スタッフが押しあげた“日活ヌーヴェル・ヴァーグ”―中平康作品を中心に
第4章 くぐもった音から明朗な音へ、そして…―日活アクションの音
第5章 女優の喘ぎ声も、雨の音も―ロマンポルノのオール・アフレコ
第6章 音によって画面は安定するし、逆に不安定にもなる―沢井信一郎と阪本順治
第7章 “作りもの”の世界における音の二つのあり方―鈴木清順と森田芳光
終わりに・あるべき音を消す、編集を予測する