漂泊と自立―障害者旅行の社会学

個数:

漂泊と自立―障害者旅行の社会学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 211p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784947553355
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C3036

内容説明

障害者にとって自立と旅とは!?近代社会では、障害者ばかりでなく健常者にとってもまた、労働を基準とする窮屈な世界だったのではなかったか。そして現代の労働・教育・福祉の社会のなかで弱者のレッテルを貼られた人びとの自立の困難さは増大したのではなかったか。労働・真面目の原理に覆い尽くされた近・現代社会を批判し、遊びや文化をとおして人類の歴史を考察する視点には、旅行や観光が障害者の自立に重要な役割を果たす可能性もある。

目次

第1部 漂泊者から弱者へ(前産業期日本の漂泊と定住;前産業社会における障害者の生活;産業社会と漂泊者としての障害者の消滅 ほか)
第2部 障害者旅行の展開と研究(障害者旅行の着目 1980年代;障害者旅行への対応;世界の動向 ほか)
第3部 障害者旅行に関する実証的研究(自立を考える視点;シルバースター登録旅館への量的調査;見学・聞きとり調査 ほか)

著者等紹介

根橋正一[ネバシショウイチ]
1950年長野県生まれ。1975年東洋大学社会学部卒業。1977年東洋大学大学院修士課程社会学研究科修了。1983年筑波大学大学院博士課程社会科学研究科単位取得退学。博士(社会学)。1993年流通経済大学社会学部助教授。現在、同教授

井上寛[イノウエヒロシ]
1978年千葉県生まれ。2001年流通経済大学社会学部卒業。2003年流通経済大学大学院社会学研究科修士課程修了。現在、流通経済大学大学院社会学研究科博士後期課程在学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。