奇跡を拾って歩いて来た

個数:

奇跡を拾って歩いて来た

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784939042966
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

家業が廓という環境で育った中田由一は、出自に悩み、世相の矛盾を憎んで徴兵を拒否し、刑を受ける。日本は15年戦争に突き進み、中田は罰として慰問隊の引率をさせられビルマへ。そこでは慰安所の管理を任され、インパール作戦の将校に朝鮮の乙女たちが凌辱を受けるのを目の当たりにする。やがてビルマ戦線は崩壊し、中田は見捨てられた彼女たちを守って敗走を続ける。その途中、サルウィン河で菅野一等兵に助けられ、戦争と差別の本質を教えられた。だが混乱の中で彼女たちとは離散。ただ一人、八重だけが中田と行動を共にし、生きるか死ぬかの状況下で信頼が生まれ愛が芽生える。それも束の間、二人は引き裂かれる運命に遭遇し、再会を誓うのだが…。

著者等紹介

山田哲二郎[ヤマダテツジロウ]
1920年生まれ。経歴、大津市議会議員(4期)、同議会議長、全国市議会議長副会長、大津市同和教育啓発講師団、人権を守る大津市民の会々長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。