神戸ブント藤本敏夫のうた―プロレタリア文学万年少年がたどった軌跡

個数:

神戸ブント藤本敏夫のうた―プロレタリア文学万年少年がたどった軌跡

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年10月17日 11時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784939042683
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

プロレタリア文学と出会った少年は、共産党細胞・山村工作隊・炭坑夫・安保闘争・党除名・神戸ブント結成、そして、脳梗塞後遺症と闘いながら、“あるく・かく・しゃべる”三つのことを人間として、一生懸命に生きた。

目次

藤本敏夫回顧
元炭鉱夫の詩文(詩のない詩人・古藤竜介;回想・古藤夫妻のこと―埋もれた人びと;李の花 ほか)
神戸ブントの遺文(樺美智子虐殺糾弾ビラ;『1960・6・15ワレ友ヲウシナウ』;唐牛健太郎と私 ほか)
藤本敏夫への伝文(ある詩集の話―藤本敏夫さんのこと;Oさんへの手紙;笑顔が忘れられない追悼・藤本敏夫さん ほか)
藤本敏夫の略年譜(松下昇「藤本敏夫氏の生きてきた軌跡」より)