どうなっているの?日本と世界の水事情―グローバリゼーション×水×市民・NGO

個数:

どうなっているの?日本と世界の水事情―グローバリゼーション×水×市民・NGO

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 139p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784939042393
  • NDC分類 518.1
  • Cコード C0036

目次

対談 今、世界と日本でホットな水事情(神田浩史×佐久間智子)
第1章 どうなっているの?日本の水道基礎事情(蛇口に水が届く道のり;おいしい飲み水ができる仕組み)
第2章 日本(自治体)の水道事情最前線・列島リレー(大規模断水の背後にあるもの―北海道北見市のケースから考える;ダムの化身「広域水道」に呑み込まれた山形県鶴岡市水道のいきさつとゆくえ ほか)
第3章 水の私営化をめぐる世界の状況(水の私営化をめぐる世界の状況;ペットボトルが問いかける未来―岐路に立つウォータービジネス)

著者等紹介

神田浩史[カンダヒロシ]
2003年3月、第三回世界水フォーラム開催時に世界水フォーラム市民ネットワーク事務局長として多くの市民・NGOの参加を推進。グローバルな貧困・格差・開発の問題に、NGO「AMネット」などを通して取り組む

佐久間智子[サクマトモコ]
「環境・持続社会」研究センター理事兼非常勤スタッフ。1996年~2001年、市民フォーラム2001事務局長。現在、女子栄養大学非常勤講師、明治学院大学国際平和研究所研究員、経済のグローバル化が社会や人々に影響に関して調査・研究し発言を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。