Communicating:A Guide to PR in Japan 〈2018〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

Communicating:A Guide to PR in Japan 〈2018〉

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 139p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784939028502
  • NDC分類 674
  • Cコード C2063

出版社内容情報

【当書籍は英文記載となります】本書は、日本固有のPR実務について、実務担当者向けに事例を交えて解説しています。【当書籍は英文記載となります】本書は、単にメディアのデータ集にとどまらず、日本メディアの慣習、文化・社会背景、法令などが及ぼす日本固有のPR実務について、事例を交えて解説しています。1988年に出版された初版から四半世紀以上もの間、日本のメディア・コミュニケーション事情を解説する唯一の英文書籍として、多くの外資系企業・団体のPR担当者が、本国のコミュニケーション担当者に日本の事情を説明する際や、外国人のPRマネジャーが日本に赴任したときの参考図書として利用されてきました。昨今では、日本企業においても外国人の方が本社のPRの責任者に任命されることが増えており、日本企業のPR担当者にも利用されています。
第7版は2015年に、PRの業界賞「ゴールデン・ワールド・アワーズ・フォー・エクセレンス(GWA)」(国際PR協会主催)を受賞するなど、国際的なPRのコミュニティで高い評価を獲得しています。
第8版は、アメリカ、イギリス、日本、オーストラリア、フィンランドの5カ国のPRの実務家とジャーナリストが編集を担当。最新の日本のメディア事情に加え、各ステークホルダーとのコミュニケーションについて、日本マクドナルド、日本IBM、スターバックスコーヒージャパン、バーバリー・ジャパン、 ジェットスター・ジャパン、イスラエル大使館などの外資系企業・団体の日本での具体的なPR事例も紹介し、実務担当者が参考図書として使用できる内容となっています。

■目次
はじめに、日本のPR、日本のおもなPR会社、PR会社の選択とPR会社との付き合い方
<パートI:日本のメディア>
 日本のメディア概要、新聞・雑誌、通信社、TV、ラジオ、メディアグループ、デジタル&ソーシャルメディア、メディアグループ、プレスクラブ、日本メディアの海外特派員、在京の外国メディアの特派員、ワイヤーサービス、日本のメディアと付き合うキーポイント
<パートII:ステークホルダーとのコミュニケーション>
調査、インターナル・コミュニケーションズ、B2Cマーケティング、B2Bマーケティング、IR、企業市民活動、パブリックアフェアーズ、クライシスコミュニケーションズ、広告、用語集
<巻末資料> 
役に立つコンタクト先、日本のデータ

Part 1: Media in Japan
A comprehensive overview of Japan’s media landscape, from the continuing power and influence held by the domestic mainstream media, to negotiating Japan’s arcane press club system, key features of local social media usage, and much more besides.

Part 2: Communicating with Your Stakeholders
Specific approaches to identifying and communicating with the target audience, including research, internal communications, B-to-B and B-to-C strategies, investor relations, public affairs, corporate citizenship, crisis communications and advertising.

Glossary & Appendix
A collection of key Japanese terms, illuminating data on Japan, and useful contact information



Dentsu Public Relations Inc.[デンツー パブリック リレーションズ インク]
著・文・その他/編集

株式会社電通パブリックリレーションズ[カブシキガイシャ デンツー パブリック リレーションズ]
著・文・その他/編集