参加型福祉社会を拓く―介護保険時代、市民はどこまで主役になれるか

個数:

参加型福祉社会を拓く―介護保険時代、市民はどこまで主役になれるか

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 215p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784938894320
  • NDC分類 369
  • Cコード C0036

内容説明

「参加型福祉」に取り組む神奈川県下の在宅福祉非営利市民事業活動主体=ワーカーズ・コレクティブ(ホームヘルプ、配食サービス、移送サービス、デイサービスセンター、特別養護老人ホーム、在宅介護支援センター等々の業務を担う)は、98年3月現在、約50団体・3000人余が活動をしています。とりわけ家事・介護ワーカーズが実施してきた全体のサービス時間数は、毎年120~30%の伸長率で、約35万時間に達しています。アマチュアである女性・生活者の生活技術・文化を駆使した福祉サービスが、なぜ年率20~30%も伸長してきているのでしょうか。本書ではまず、現場における「参加型福祉」の実際をレポートし、次に、「参加型福祉」に取り組んできた生活クラブ運動グループの紹介、「参加型福祉」事業の核であるワーカーズ・コレクティブ論、それに「参加型福祉」が目標とする公的福祉以外の領域を示す「コミュニティ・オプティマム福祉」(たすけあいによる地域福祉の最適基準を意味する造語)を論ずることによって、この問いに答えることにしました。

目次

第1部 福祉のまちを歩く―アマチュアがはじめた福祉事業(二つの街の風景;小さな施設の大きな望み―ケアセンター「あさひ」(神奈川県厚木市)
花開いた7万人の信頼―高齢者福祉施設「ラポール藤沢」(神奈川県・藤沢市))
第2部 生活者・市民がつくる参加型福祉社会(弾み車のエネルギー―生活クラブグループの「参加型福祉」;「参加型福祉」の母体・生活クラブ運動グループ福祉協議会;地域と福祉のかけ橋―ワーカーズ・コレクティブ;来るべき超高齢社会を見据えて)