Bourdieu library<br> 再生産―教育・社会・文化

個数:

Bourdieu library
再生産―教育・社会・文化

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月05日 21時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 300p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784938661243
  • NDC分類 371.3
  • Cコード C1030

出版社内容情報

〈象徴暴力〉とは何か?

『遺産相続者たち』('64)にはじまる教育社会学研究を理論的に総合する文化的再生産論の最重要文献。象徴暴力の諸作用とそれを蔽い隠す社会的条件についての一般理論を構築。「プラチック・」論の出発点であり、ブルデュー理論の主軸。

目次

第1部 象徴的暴力の理論の基礎(教育的働きかけの二重の恣意;教育的権威;教育的労働について;教育システムについて)
第2部 秩序の維持(文化資本と教育的コミュニケーション;教養人的伝統と社会の自己保存;排除と選別;独立による従属)
付論 高等教育進学機会の構造の変化―変形か、それとも転移か

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

びす男

41
「学校制度は、文化資本の収益性を確かなものにし、この資本の伝達を正統化する」。「文化資本」という独自の概念を用いて、社会における学歴と収入格差の再生産を暴き出した一冊。親が高学歴で教養のある人物であれば、家庭でも抽象度が高く複雑な会話が交わされやすい。そうした環境で育った子供は教養的知識と親和性が高く、学校教育の下でも有利な育ち方をしていく。教育や学問は社会階層や秩序と無関係であるかのような顔をしているが、そのじつ密接に結びついている。本自体は難解なので、時間がなければ教科書を読んだ方がよい。書評かきます2015/01/18

dorebook

14
別途資料2016/01/29

山田

3
勉強。『Algeria60』を書いた人がこんな話も書くのか…まるで社会学者のようだあ…と思ったら社会学者だったわ。すっかり人類学者の気になってた。どうにもこうにも外国人には使いづらそうな話ばかりでそれなりに読み飛ばしてしまった。皆が「誤認」の部分しか使わないのも納得できる。2016/08/11

遊び人は賢者になれる

2
つかれた。2011/09/13

剛田剛

1
・そういや竹内洋先生が似たようなこと言っていたな、と思いながら読んだ。・それにしてもなんでこんな読みづらい文体を選択したのだ?・階級という係数を算入しない教育観は出発点においてすでに失敗していると言えるのではないか?・日本では「学問としての文学」は今後ますます「富裕層のお嬢ちゃんのための嗜み」になっていくのだろうな。・それにしてもなんでこんな読みづらい文体にしたのだ(2回目)・おそらく一般的なイメージとは逆に、サブカルチャーの世界でこそ「文化的資本」の格差は剥き出しになる2020/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9774

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。