老い衰えゆく自己の/と自由―高齢者ケアの社会学的実践論・当事者論

個数:

老い衰えゆく自己の/と自由―高齢者ケアの社会学的実践論・当事者論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 394p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784938551681
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C1036

目次

序 老い衰えゆく当事者の“語り得ぬもの”を「語る」ということ
第1章 高齢者ケアの現在性―小規模多機能サービス拠点論で捨象・忘却される“現実”
第2章 “老い衰えゆくこと”の語り難さ・語り得なさ―“老い衰えゆくこと”と“ケア”の根源的暴力性
第3章 老い衰えゆく当事者のアイデンティティの保ち方―施設介護・家族介護・高齢夫婦介護の困難
第4章 高齢者ケアの社会学的実践論・当事者論―自己で在る/他者で在ることの可能性
第5章 老い衰えゆく自己の/と自由―“他者”との邂逅

著者等紹介

天田城介[アマダジョウスケ]
1972年埼玉県さいたま市生まれ。1997年日本学術振興会特別研究員(DC1採用)。2000年立教大学社会学研究科社会学専攻博士課程修了。博士(社会学)号取得。現在、能本学園大学社会福祉学部助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。