路面電車を守った労働組合―私鉄広電支部・小原保行と労働者群像

個数:

路面電車を守った労働組合―私鉄広電支部・小原保行と労働者群像

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784938391461
  • NDC分類 289.1

内容説明

差別反対、労働条件の改善、路面電車の機能を高める運動、働き度を高める運動など、あたりまえの活動を地道につづけ、分裂少数派組合から多数派へと発展した労働組合の記録。

目次

第1章 比和町のゴンさん
第2章 広島電鉄に入社(バス車掌時代)
第3章 冷や飯食い(職場活動家時代)
第4章 ゼロの闘い(少数派組合の書記長時代)
第5章 争議屋(私鉄総連中央執行委員時代)
第6章 正規戦の先鋒(副委員長時代)
第7章 路面電車を守る闘い(委員長時代1)
第8章 多数派から統一へ(委員長時代2)
第9章 「組織者・小原保行」という組合運動家
第10章 新広電支部の混迷と再生

著者紹介

河西宏祐[カワニシヒロスケ]
1942年兵庫県に生まれる。現在、早稲田大学人間科学学術院教授。文学博士(名古屋大学)。専攻、社会学(経営・職業・労働)。著書、『電産の興亡(1946年~1956年)』早稲田大学出版部2007年(第14回社会政策学会賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)