薬剤師のための医療情報検索テクニック

個数:

薬剤師のための医療情報検索テクニック

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2021年05月12日 21時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 176p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784931400979
  • NDC分類 499.07
  • Cコード C3047

出版社内容情報

薬剤師業務に役立つ医療情報検索・活用テクニックを事例に沿ってしっかり解説!

的確・迅速な医療情報検索は薬剤師にとって必須のスキルです。本書では、EBM(エビデンスに基づく医療)を実践する2人の著者が、検索テクニックを丁寧に分かりやすく解説しています。検索対象は添付文書、インタビューフォーム、診療ガイドライン、医学論文(PubMed、コクラン・ライブラリー)など。薬剤師が現場で出会いそうな疑問を事例として取り上げ、どんな資料をどう検索すれば答えが得られるかを示します。単なる診療ガイドラインの読み方、PubMed検索の仕方などにとどまらない、薬剤師の仕事の実情に沿った内容です。

■本書で取り上げている検索テーマ
1.情報検索の大切さ
「コデインリン酸塩」の小児投与リスク、いつから知ってた?
患者さんの人生も左右する薬剤師の「情報検索力」

2.添付文書の活用
この睡眠薬(エスゾピクロン)は、飲んだらすぐ効くの?
血中濃度の推移について検索する

3.インタビューフォームの活用[1]
妊娠希望の患者さん、「ロラタジン」継続は選択肢になる?
妊娠中の薬剤の安全性について検索する

4.インタビューフォームの活用[2]
私に出された睡眠薬、飲む量が夫より少ないのはなぜ?
性別・年齢による用量調節について検索する

5.診療ガイドラインの活用[1]
片頭痛の頓服薬、1カ月何回以上は使い過ぎ?
「薬物乱用頭痛」の診断基準について調べる

6.診療ガイドラインの活用[2]
「ロサルタン」の「1日2回服用」は間違い?
添付文書に記載がない薬剤の例外的な用法を検索する

7.診療ガイドラインの活用[3]
妊娠に気付かず吐き気止めを飲んでしまった
添付文書上は「禁忌」の薬の影響を調べる

8.医学論文の活用[1]
「バルプロ酸」と「テビペネム」の併用、3日間なら大丈夫?
併用禁忌の薬で起こる副作用の詳細を調べる

9.医学論文の活用[2]
「チアマゾール」と「プロピルチオウラシル」、副作用のリスクが高いのは?
類似薬を比較検討したデータを調べる

10.医学論文の活用[3]
「桔梗湯」で喉の痛みは本当に軽減するの?
「前後比較研究」による有効性の評価
ほか

内容説明

医療情報の集め方、読み方、使い方。どうすればいいの?添付文書、インタビューフォーム、診療ガイドライン、PubMed、Cochrane Libraryなど―。薬剤師業務に役立つ情報検索・活用テクニックを事例を使ってしっかり解説!

目次

医療情報検索テクニック・基礎編(情報検索の大切さ―「コデインリン酸塩」の小児投与リスク、いつから知ってた?‐患者さんの人生も左右する薬剤師の「情報検索力」;添付文書の活用―この睡眠薬(エスゾピクロン)は、飲んだらすぐ効くの?‐血中濃度の推移について検索する
インタビューフォームの活用1―妊娠希望の患者さん、「ロラタジン」継続は選択肢になる?‐妊娠中の薬剤の安全性について検索する
インタビューフォームの活用2―私に出された睡眠薬、飲む量が夫より少ないのはなぜ?‐性別・年齢による用量調節について検索する ほか)
医療情報検索テクニック・応用編(医学論文の活用3―「桔梗湯」で喉の痛みは本当に軽減するの?‐「前後比較研究」による有効性の評価;医学論文の活用4―「桔梗湯」の効果そのものの評価に適した試験は?‐「ランダム化比較試験」による有効性の評価;医学論文の活用5―SGLT2阻害薬で下肢切断リスクが増加する?‐「ランダム化比較試験」による有害事象リスクの評価;医学論文の活用6―有害事象のリスク、評価に適した試験デザインは?‐「コホート研究」による有害事象リスクの評価 ほか)

著者等紹介

青島周一[アオシマシュウイチ]
薬剤師。2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て、12年9月より医療法人社団徳仁会中野病院(栃木県栃木市)に勤務。NPO法人アヘッドマップ(AHEADMAP)共同代表

児島悠史[コジマユウシ]
薬剤師。2019年11月から株式会社sing取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。