ウェブ連動式 管理職検定<br> 差別語・不快語

個数:

ウェブ連動式 管理職検定
差別語・不快語

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 269p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784931344310
  • NDC分類 361.8
  • Cコード C3336

内容説明

なぜ、それが差別表現なのか。「こういう言葉を使ってよいのか?」「ではどういい換えたらよいのか?」従来の禁句・いい換え集などマニュアル集が書かない言葉の違いがわかる。豊富な事例・ていねいな解説による本格的な差別語・差別表現問題の手引き。

目次

1 基礎編(差別語;不快語;差別語と差別表現;避けたい差別語・不快語の使用;まとめ)
2 実践編(差別語(障害者差別;病気(HIV感染症・ハンセン病・被爆者)差別
性差別
部落差別
職業差別)
不快語(精神的;肉体的;文化的;性的;高齢者))
3 具体的な対応策(抗議を受けたときにどう向きあうか(差別表現問題解決の基本)
職場での差別表現にどう対応するか
「断り書き」について)

著者等紹介

小林健治[コバヤシケンジ]
1950年岡山県生まれ。2004年まで解放出版社事務局長を務める。1980年から、部落解放同盟中央本部/マスコミ・文化対策部、糾弾闘争本部の一員として、出版・新聞・テレビにおける差別表現事件にとりくむ。現にんげん出版代表

上村英明[ウエムラヒデアキ]
1956年生まれ。恵泉女学園大学大学院平和学研究科教授。先住民族の権利に早い段階から着目し、日本国内のみならず国際機関を通してその回復運動に広い視野から取り組む

内海愛子[ウツミアイコ]
1941年生まれ。日本朝鮮研究所、インドネシア・パジャジャラン大学、恵泉女学園大学、早稲田大学大学院などを経て、大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。