引き裂かれた街―池袋チャイナタウン・プロジェクト

個数:

引き裂かれた街―池袋チャイナタウン・プロジェクト

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784930703583
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

いわれなき嫌疑で懲役を余儀なくされた飛竜こと飛島竜一元刑事は、七年ぶりに訪れた池袋に立ち愕然とする。中心勢力であった台湾華僑グループの力は衰え、新華僑と呼ばれる大陸系華僑グループが池袋北口の繁華街を跋扈し、そこは無数の中華料理店が軒を連ねた池袋中華街そのものだった。一方、夜になれば密輸拳銃、臓器売買、売春、そして麻薬の舞台となるこの街に、いったい何が起きているのか?池袋華僑グループのボス・老母の死と東京湾品川埠頭で発見された中国人遺体をきっかけに、飛島は池袋チャイナタウン・プロジェクトの背後でうごめく巨大な権力の存在と恐るべき本質を把握する。

著者等紹介

森田靖郎[モリタヤスロウ]
作家。関西学院大学経済学部卒業。1972年、文革中の中国チベット地区訪問で、辺境地に下放された大都市出身の知識青年と交流を持つ。その後、天安門事件、改革開放へと進む中国フレームに取材活動を展開し、異色のジャーナリストとして新聞、出版、TVを中心に活躍。常に現場にたって発信しつづけるルポで定評がある。近年は小説執筆も精力的で、ノンフィクションでは書けない中国の暗部をスリリングなタッチで鋭く抉り、アジア犯罪小説の旗手として注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。