National novels<br> 続・怪人18面相VS宮之原警部―岩手陸中海岸殺人事件・京都嵯峨野殺人事件

個数:

National novels
続・怪人18面相VS宮之原警部―岩手陸中海岸殺人事件・京都嵯峨野殺人事件

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月19日 05時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 452p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784930703378
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

個人なのか?組織なのか?怪人18面相を追いかける宮之原警部は、岩手で遭遇した元総理の犯罪事件をきっかけに、いよいよその正体に迫る。反撃に出た怪人18面相は元総理を誘拐し身代金10億円を要求した。舞台をイタリアに移し、いよいよ決戦の日を迎えるが、そこには宮之原警部の命を狙う意外な敵が待ち受けていた。

著者等紹介

木谷恭介[コタニキョウスケ]
昭和2年、大阪生まれ。私立甲陽学院卒。週刊誌のライター。放送作家を経て昭和52年「俺が拾った吉野太夫」で第1回小説クラブ新人賞受賞。「赤い霧の殺人行」より旅情ミステリに専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。