子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わるほめ方・叱り方〈3〉小学生編

個数:
  • ポイントキャンペーン

子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わるほめ方・叱り方〈3〉小学生編

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2019年12月13日 07時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 193p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784925253642
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C0037

内容説明

ほめられると、子どもはイキイキしてくる。「叱らないこと」以上に、「積極的にほめること」が大切です。やる気の芽が育つ、とっても大切なこと。

目次

小学生の心の世界―6年間で、目覚ましい成長を遂げます
文句や口答えが増える中間反抗期―この一言で、注意がすっと受け入れられる
高学年になると、プレ思春期へ―自立を促す、ちょっと意外なサポート法
学校生活、ほかの子と比べて悩まないで―長所をほめて、がんばりを認めましょう
「勉強って楽しい!」と思える子に育つ、とっておきの方法を教えます
習い事は、がんばったという自信が、将来の力に―結果よりも、努力をほめる
体も心も育む「食育」―好き嫌い、小食、どうしたらいい?
子どもの自立心を育てるには、「甘えを受け止めること」と、「ほめること」が大切です
ほめ言葉が自然と増える、シンプルな習慣―最終目標までのステップを細かく設定してみましょう
「わかってるよ!」と反発する、子どもの気持ちを生かす方法〔ほか〕

著者等紹介

明橋大二[アケハシダイジ]
昭和34年、大阪府生まれ。京都大学医学部卒業。子育てカウンセラー・心療内科医。真生会富山病院心療内科部長。児童相談所嘱託医、スクールカウンセラー、NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長

太田知子[オオタトモコ]
昭和50年、東京都生まれ。2児の母(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。