ほどくよどっこいほころべよいしょ―暗闇へ梢をのばすくにつくり 百姓は想う天と地の間にて

個数:

ほどくよどっこいほころべよいしょ―暗闇へ梢をのばすくにつくり 百姓は想う天と地の間にて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月15日 12時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784916110411
  • NDC分類 610.4
  • Cコード C0061

内容説明

“公害列島”時代、ヘドロの海目の当たりに育ち、夢見た百姓で30年。3・11原発から解き放たれ山川・田畑に降りた放射能という異物。共生するのはたやすいと?命あるものと向き合う百姓は今何を想う。

目次

2011年(3月10日;3月14日 ほか)
2012年(請願に向けて;早熟な冬の破れ目 ほか)
2013年(身も心も暖まる話;三種の宝~ひとつめ「ちのみち」の話 ほか)
2014年(あとは野となり山となる;どすこい、どすこい ほか)
2015年(憲法前文私案;以下不掲載 ほか)
2016/2017年(あけましておめでとうございます;一座建立 ほか)

著者等紹介

伊藤晃[イトウアキラ]
1960年東京に生まれる。父親の転勤に伴い、静岡県富士市で高校卒業まで過ごす。1991年、農業へ踏み出す。埼玉県の農業塾で、妻と一緒に、二人の子供を連れて二年間の研修を受け、1993年秋、借地借家で独立。菜園「野の扉」を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あたぱ

1
31歳から農業へ一歩踏み出した著者。菜園「野の扉」で無農薬野菜、卵を生産。里山保全にも関わる。挿絵は娘さん。梨木香歩さんの推薦文があまりに的確なので、他にうまい言葉がみつかりません。「本物の怒り、絶望、甦る希望」「...何より、自然とともに生きることへの湧き上がるような喜びが!」農業では植えた物、飼う(鶏)ものの何割かは、天候や動物にやられてしまう・・・アオダイショウ、アライグマ、ハクビシン、野犬、虫・・原発、TPP、種苗法にむけられる不安と怒り・・・食べ物をつくる農家だからこそ説得力があった。2020/07/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15595036

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。