小説は書き直される―創作のバックヤード

個数:

小説は書き直される―創作のバックヤード

  • 倉庫に在庫がございます(通常、注文翌々日~4日後に出荷)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆前日の在庫データを元にしているため、品切れの場合がございます。
    ◆表紙のご指定は承っておりません。
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 205p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784915855344
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0091

内容説明

時間と共に変貌する言葉たち。最終形態はどこにあるのか。鴎外、漱石、一葉、鏡花、啄木、谷崎、賢治、芥川、川端、多喜二、太宰…。多くの作家たちが言葉と格闘し、その文言は時に生き物のように変貌していった。その軌跡から「小説」を探る。

目次

はじめに 小説は変貌する
序章 「夜明け前」の誕生
第1章 構想
第2章 原稿用紙の世界
第3章 活字化以後の変貌
第4章 読み継がれていく中で

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うろたんし

4
面白かった。個人的にはもちろん、森鷗外についてもっとたくさん読みたかったけど、そういう目的で書かれた本ではない。文学作品の発表には作者のみならず編集者や、世間の出来事、そして師弟関係なども少なからず影響するということ。 2019/04/02

Minami

1
面白かった! いろいろな理由から変化していく小説。自筆の推敲。他者の手の加えられた跡。変化する言葉に少し触れられた気がした。 これを展示で見られたら!情報量の多さに驚いたにちがいない。2019/03/21

さくは

1
日本近代文学館の2017年度冬期企画展「小説は書き直される―創作のバックヤード」の書籍化。直筆原稿や校正刷りの訂正、取材メモなどをカラー写真で多数掲載。表紙は芥川龍之介の『歯車』。佐藤春夫の助言によってこのタイトルに決まった。2019/03/21

ガッチ親父

0
日本近代文学館のこの企画展を見に行くことができなかった者としたら、雰囲気を味わいことができて良かったと思う。ただ、作家自身が自分の作品に手を入れることはよくあることで、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』については周知のこと。他の作家についても同様で、新たな驚きはなかった気もする。2021/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13421443

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。