私学としてのキリスト教大学―教育の祝福と改革

個数:

私学としてのキリスト教大学―教育の祝福と改革

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784915832581
  • NDC分類 377
  • Cコード C3037

内容説明

本書に収められた諸文章は、学長就任(一九九五年四月)時代のものである。多種多様な機会、目的のために記され、語られたものである。

目次

1 私学としてのキリスト教大学
2 東北学院大学の改革
3 大学の精神と使命―入学式・卒業式式辞
4 新しい世紀に向かうキリスト教大学―年頭所感
5 仙台、ダラム、アルスター―学長コラム
6 折にふれて

著者等紹介

倉松功[クラマツイサオ]
1928年高知県に生まれる。旧制高知高等学校、旧制日本基督教神学専門学校(現東京神学大学)卒業、日本キリスト教団信濃町教会副牧師を、ハイデルベルク大学に留学、東北学院大学教授、同学長を歴任、現在、東北学院長、文学博士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。