ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2022年08月13日 11時49分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 574p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784915512407
  • NDC分類 K933
  • Cコード C0097

内容説明

夏休みのある日、ハリーは13歳の誕生日を迎える。あいかわらずハリーを無視するダーズリー一家。さらに悪いことに、おじさんの妹、恐怖のマージおばさんが泊まりに来た。耐えかねて家出するハリーに、恐ろしい事件がふりかかる。脱獄不可能のアズカバンから脱走した囚人がハリーの命を狙っているという。新任のルーピン先生を迎えたホグワーツ校でハリーは魔法使いとしても、人間としてもひとまわりたくましく成長する。さて、今回のヴォオルデモートとの対決は?

著者等紹介

ローリング,J.K.[ローリング,J.K.][Rowling,Joanne Kathleen]
1965年、英国ブライトンの近くで生まれる.文学好きの母親の影響で小さいときから作家を志す。母親を多発性硬化症で失い、失意の中、英語教師としてポルトガルに渡り、結婚。一女ジェシカをもうけたが、離婚して、1993年、妹ダイの住むエジンバラに戻る。乳飲み子を抱えたシングルマザーで、生活保護を受けながら書いた「ハリー・ポッターと賢者の石」が、1997年にベストセラーとなった。翌1998年の「ハリー・ポッターと秘密の部屋」、1999年の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」、2000年の「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」もすべてベストセラーで、2001年5月現在で全世界1億部という空前の売り上げを記録した。世界40ヵ国語以上に翻訳され、2001年末にはワーナー・ブラザースによる映画も封切られる。2000年に英国女王からO.B.E.勲章を授与された

松岡佑子[マツオカユウコ]
同時通訳者。翻訳家。国際基督教大学(ICU)卒、モントレー国際大学院大学(MIIS)国際政治学修士。aiic(国際会議通訳者協会)会員。ICU卒業後、海外技術者研修協会(AOTS)常勤通訳。上智大学講師、MIIS客員教授、日米会話学校同時通訳科講師として通訳教育の経験も深い。国際労働機構(ILO)では1981年以来年次総会の通訳を続けている。現在、(株)静山社社長として、またハリー・ポッター・シリーズの翻訳者として、講演や執筆活動でも活躍中。
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tetchy

314
またも英国本格ミステリらしいミスディレクションで今回も堪能できた。特に今回はロジックがひっくり返るというところに力点があったように思う。この作者が巧いなぁと感じさせられるのは、巧みに事実の断片を散りばめていること。読者の思考を勘違いさせる方向へ持っていくその手腕は今回も健在で、映画で真相を知ってても、あれは幻想だったのかと錯覚を及ぼすほどの力がある。そしてあのキャラの正体には仰天!こういう過去の設定の消化が始まると、物語も1作ずつではなくシリーズとしての動きを感じるので期待大。2009/09/19

zero1

178
【闘うハリー】が魅力的。3冊読んだ中で一番面白かった。特にクィディッチの場面は手に汗握る!占いと死の予感。吸魂鬼は何がモデル?凶悪犯ブラックの脱獄で魔法学校にも影響が。ハーマイオニーは何故、多くの授業を受けることができる?新しい箒を贈ったのは誰?ハリーの両親について明かされる事実。最後の判断は甘さか?試されているのはハリーより読者だろう。3人の友情が試されるのもナイス!人を許すのは難しいこと。読んでいて他人事とは思えなかった。【ハリーの少年時代が第四巻で終わりを告げる】と巻末にはある(後述)。2020/07/21

再び読書

157
子供に読み聞かせで、全部音読しました。流石に疲れました。内容は面白く、物語もいよいよ動いていく序章のしめくくりの位置にある感じがしました。2011/08/11

テルテル

155
ルーピン先生の授業がとても印象に残った。形態模写妖怪。自分が怖いと思った者に変身する。やっつける方法はただ一つ『笑い』。絵本『おおきなあな』が浮かぶ。ハリーはリメンターという恐怖の『あな』に落ちてしまう。彼の『あな』を埋めたのは、ルーピン先生との修行で会得した『パトローナス』の力。一番幸せな思い出を想像して呪文を唱えることにハリーの成長を感じた。何よりも仲間との信頼と行動、特にシリウスが『一緒に住まないか』とハリーに言ったシーンは感動した。ハリーは多くの者を救った。ハリーの成長とこれからの物語に期待。 2015/04/19

HIRO1970

145
だいぶ前に読みました。2005/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/405296

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。