島成郎と60年安保の時代
60年安保とブント(共産主義者同盟)を読む―島成郎と60年安保の時代〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 320p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784915252655
  • NDC分類 309.31
  • Cコード C0031

内容説明

1960年6月15日、全学連とブント労働者は国会へ突入し、樺美智子が死んだ。戦後学生運動の軌跡とブントの誕生から崩壊までの全過程を明らかにする。

目次

第1章 ブント始末記「異議あり!」(「不可視の核」私にとっての島成郎とブント;追想の中の「二人の改革者」;悼辞 島さんの思い出によせて ほか)
第2章 それぞれの安保闘争(「全学連」引き継ぎの頃を話そうか;京都から見つめた60年安保とブント;「60年安保創世記」東京地評の長い長い闘い ほか)
第3章 新しい闘いへの展望(わたしたち人間が生き延びる努力;All Life is Problem Solving;いまよみがえる安保と戦争の問題 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はおう

0
31年生まれ、00年没2015/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1265832

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。