総合交通体系論の系譜と展開

個数:
電子版価格 ¥3,630
  • 電書あり

総合交通体系論の系譜と展開

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 07時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 296p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784911205006
  • NDC分類 681.1
  • Cコード C3065

内容説明

昭和46(1971)年に展開され、その後の交通政策論議に多大な影響を与えるようになった総合交通体系論の系譜、動向を論ずる。今日は各種情報が豊富で、それらへのアクセスも容易な時代である。利用可能な情報、とくにネット情報がどこまで正確なものなのか、総合交通体系に関連した官庁の各省庁が組織再編された中で、当時の原資料がどの程度残されているのか。半世紀前の状況を直接知る者の責務の一つとしてこれらのことを纏め整理する。

目次

第1章 経済計画、国土計画と交通政策
第2章 運輸経済懇談会から運輸政策審議会へ
第3章 運輸政策審議会昭和46(1971)年答申
第4章 各所の総合交通体系論
第5章 学会、政治・行政での検討
第6章 46答申等の比較と臨時総合交通問題閣僚協議会の動向
第7章 46答申以降の総合交通体系(政策)関連の運輸政策審議会答申
補章 総合物流施策大綱