点火!―液体燃料ロケット推進剤の開発秘話

個数:

点火!―液体燃料ロケット推進剤の開発秘話

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年05月19日 00時39分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 270p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784910612010
  • NDC分類 538.93
  • Cコード C0098

内容説明

いったい誰が作ったのか。なぜその推進剤に決まったのか。爆発の危険と悪臭にまみれたインサイドストーリー。

目次

ロケット推進剤の開発の始まり
ペーネミュンデとジェット推進研究所(JPL)
自己着火性推進剤の研究
自己着火性推進剤用の酸化剤
いつも酸化剤の候補に挙がる過酸化水素
ハロゲン系酸化剤、国との関係、宇宙探査への利用
推進剤の性能について
極低温推進剤と関連物質
ソ連の状況
特殊な推進剤
一液式推進剤に対する期待
高密度推進剤とひどい失敗
これからの見通し

著者等紹介

クラーク,ジョン・D.[クラーク,ジョンD.] [Clark,John D.]
1949年にニュージャージー州にある海軍航空機用ロケット試験場(略称NARTS:1960年にピカテニィ造兵廠の液体ロケット推進研究所になった)に採用された。彼は同試験場で過ごした21年間のほとんどを液体ロケット用推進剤の開発に従事し、1970年に退職した。アラスカ州生まれのクラークは、アラスカ大学に入学、カリフォルニア工科大学から学士号(B.S.)、ウィスコンシン大学から修士号(M.S.)、1934年にスタンフォード大学から博士号(Ph.D.)を授与された。彼は民間企業数社で化学者として勤務した後、NARTSに入った。著者が作成した文書の多くは、政府が著作権を持つ報告書であるが、彼は一般向けの科学的記事や解説を書いているし、SF雑誌に読み物や記事を書いている

高田剛[タカダツヨシ]
1944年中国東北地区(旧満州国)生まれ。名古屋大学工学部、同大学院(修士課程)で航空工学を専攻。1968年川崎重工業(株)に入社。設計部門を主に、飛行試験部門での技術業務も経験(約890時間の試験飛行に従事)。設計部門では対潜哨戒機、輸送機などを担当。救難飛行艇の開発にも参加。子会社で航空機の製造にも関与。自家用操縦士、操縦教育証明、整備士、耐空検査員。飛行時間は約1,100時間(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

uskmal

1
古い本だが面白かった。化学の素養があればもっと面白く読めるのだろう。ただ誤植が多い。2022/05/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18996780

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。