みらいへの教育<br> あらゆるところに同時にいる―アフォーダンスの幾何学

個数:

みらいへの教育
あらゆるところに同時にいる―アフォーダンスの幾何学

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年06月06日 17時11分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ A5判/ページ数 253p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784909783127
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C0011

内容説明

「あらゆるところに同時にいる。それが知覚の本質だ」―。生態心理学の創始者、ジェームズ・ギブソンがたどり着いた究極の思考を、面・光・遮蔽・肌理がつくりあげる「自然の幾何学」として読みとく。誰も踏み込めなかったアフォーダンスの核心。

目次

1 タイムレス―知覚には時間がない(情報は光の中にある;あらゆるところに同時にいる―ジェームズ・ギブソンの視覚論)
2 アウェアネス―意識と想起の自然(意識の横にある無意識―マイクロスリップ;誕生し、消え去り、復活する―想起の「自然」についての覚書;すべてを使う―ミルトン・エリクソンと方法なき方法×森俊夫)
3 ブラインドネス―視覚障害(遮蔽をこえる;フレデリック・ワイズマンの視覚―『視覚障害』の意識;ノイズに意味が埋まっている―盲人の生活聴力×伊藤精英)
4 エンボディメント―環境にとけゆく身体(ダーウィンの方法―行為を個物にわける;光にふれる―ジェームズ・タレルとのふたつの対話;大切な皮膚と手―大野一雄のために)
5 とてもあたりまえのこと(わたしは地面から離れている;『自動巻時計の一日』を読む―田中小実昌のために)

著者等紹介

佐々木正人[ササキマサト]
1952年、北海道生まれ。生態心理学者。筑波大学大学院博士課程修(教育学博士)。早稲田大学人間科学部助教授、東京大学大学院情報学環・教育学研究科教授を経て、多摩美術大学美術学部統合デザイン学科教授、東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。