なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践

個数:

なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月24日 18時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 320p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784909710154
  • Cコード C0021

内容説明

当事者にしかわからない体験や記憶を語り継ごうとするとき、どのような方法があるでしょうか。過去の出来事を“未来に起こりうる”こととして想像することも、ひとつの方法です。知らないことを知ろうとするとき、“歴史する”実践方法やそれを伝える表現の仕方もさまざまです。この本では、写真を撮る、絵を描く、小説や漫画を書く、映像、音楽、演劇、工芸、彫刻、アプリを作るなど多彩な表現で歴史実践をしている表現者たちが、どのように思考をめぐらせ、ことばを選び、戦争をえがこうとしているのかを知りたいと思いました。

目次

逃れようのないものへの違和感や怒り(小泉明郎)
不在を、どこまで“見る”ことができるか(諏訪敦)
そこにいたであろう人を、みんな肯定したい(武田一義×高村亮)
不時着と撤退戦/いつもどうしても含まれてしまうこと(遠藤薫)
ニーナたち、マリヤンたちの“コイシイワ”(寺尾紗穂)
書くことでたどり着く、想像の外へ(土門蘭×柳下恭平)
いつも間に合っていないし、いつも間に合っている(後藤悠樹)
失敗の歴史、破壊される瞬間と、眠ってしまう身体(小田原のどか)
四隻の船と、青森から航路をひらく(畑澤聖悟)
特別な時間のおわりと、記憶をたどる旅のはじまり(庭田杏珠×渡邉英徳)

著者等紹介

大川史織[オオカワシオリ]
1988年神奈川県生まれ。映画監督。慶應義塾大学法学部政治学科卒。マーシャル諸島で戦死(餓死)した父を持つ息子の慰霊の旅に同行したドキュメンタリー映画『タリナイ』(2018年)で初監督。編著書に『マーシャル、父の戦場―ある日本兵の日記をめぐる歴史実践』(みずき書林、2018年)。両作品で山本美香記念国際ジャーナリスト賞・奨励賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Nobuko Hashimoto

18
写真、絵画、映像、彫刻などの創作を通じて戦争を「えがく」表現者たちのインタビュー集。聞き手(著者)もドキュメンタリー映画の監督。あえて対談相手やその人の作品の写真は載せず、言葉だけにしたそうだが、聞き手の活動に関連があると思われる写真は多数掲載されているので、インタビューの印象が薄れてしまっている。字の部分も、書き手が複数いるかのような体裁になっていて少々混乱。個々の作家の活動が印象に残るように編まれていれば、さらに良かったように思う。2021/06/24

hdk

4
今年読んだ本のうちで最も印象に残った大切な本。美術作家。絵描き。音楽家。小説家。演劇実践者。写真修復など、それぞれの個人的な事情や、課題意識から戦争に主体的に関わり、表現を続けていく人たち。皆が皆、信頼できる言葉で話している。折に触れ再読したい。2021/08/27

林克也

4
このクソな日本政府、ミャンマー軍、中国共産党、その他大勢の各地の貉たちが跋扈するこの地球、もう持ちこたえるには厳しいところまできているのかもしれないが、著者の大川史織さんをはじめとして、ここに登場した人たちの才能、情熱、思考の深度など、すばらしい若い人たちがいるということをかすかな光に、地球の未来に少しは希望を持っていいのかもしれないと思う。2021/04/06

Go Extreme

3
小泉明郎:逃れようのないものへの違和感や怒り 諏訪敦:不在をどこまで見ることができるか 武田一義×高村亮:そこにいたであろう人をみんな肯定 遠藤薫:不時着と撤退戦・いつもどうしても含まれてしまうこと 寺尾紗穂:ニーナたち、マリヤンたちのコイシイ輪 土門蘭×柳下恭平:書くことでたどり着く想像の外へ 後藤悠樹:いつも間に合っていないしいつも間に合っている 小田原のどか :失敗の歴史・眠ってしまう身体 畑澤聖悟 :四隻の船と青森から航路をひらく 庭田杏珠×渡邉英徳:特別な時間のおわりと記憶をたどる旅のはじまり2021/04/15

onepei

2
表現にふみだすそれぞれのきっかけが興味深い2021/04/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17241834
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。