戦争社会学研究〈Vol.4〉軍事研究と大学とわたしたち

個数:
  • ポイントキャンペーン

戦争社会学研究〈Vol.4〉軍事研究と大学とわたしたち

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 235p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784909710123
  • Cコード C3030

目次

特集1 軍事研究と大学とわたしたち(軍事研究と大学とわたしたち(第一〇回研究大会記念シンポジウム))
特集2 井上義和著『未来の戦死に向き合うためのノート』をめぐって(井上義和著『未来の戦死に向き合うためのノート』をめぐって―特集企画について;研究者は特攻の自己啓発的受容をどう受け止めていくのか―「わかりあえない人びと」を「理解をする」ということ;「未来の戦死」と「過去の戦死」―井上義和『未来の戦死に向き合うためのノート』を読んで;否定と両立する包摂へ―知覧から市ヶ谷と九段に臨む)
特集3 戦争社会学研究会―これまでの10年と今後のあり方(戦争社会学研究会の設立の思い出に寄せて;戦争社会学が開いた扉―研究会初期一〇年の活動を振り返って;投稿論文;書評論文 ほか)