うつ病は「心の病気」ではない。だから絶対によくなる!―ある完全なる生還者の結論

個数:

うつ病は「心の病気」ではない。だから絶対によくなる!―ある完全なる生還者の結論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月23日 17時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784909417398
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C0047

内容説明

これまでの「うつ病治療」は間違いだらけ!「PEA濃度測定検査」が新たな時代をひらく。

目次

第1章 奈落の底に…「優秀な経営者」と思っていた自分が「うつ病」に(空港ロビーで崩れ落ちた私;震災で一挙に崩れ去った珠玉のビジネスモデル ほか)
第2章 「うつ病」は心の病気じゃない!!身体の病気です!!だから…(三倍の薬と規則正しい生活;時間の流れがとにかく遅い ほか)
第3章 決定的な転機となった「PEA濃度測定検査」との出会い!!(本当に私は「うつ病」なのだろうか…;血液中の「PEA濃度測定」に見えた光とは ほか)
第4章 二度と「うつ病」にならないという自信のつけ方(「筋トレ」は人生の成功への確実な投資!!;「うつ病」から生還する最も安全な方法とは… ほか)
第5章 「うつ病」の未来…一刻も早く科学的・客観的な診断体制づくりを(「うつ病」の診断は科学的・客観的か?;問診は患者の自己申告でしかない ほか)

著者等紹介

村井哲之[ムライテツユキ]
広島大学政治経済学部経済学科卒。法政大学環境マネジメント研究科修士課程中退。リクルート、第二電電(現KDDI)、環境経営戦略総研(現、(株)アイ・グリッド・ソリューションズ)代表取締役社長、事業構想大学院大学「電力自由化・地域エネルギー事業」研究員を経て、現在、株式会社エネルギーマネジメント総合研究所、株式会社村井流通経営研究所代表取締役、及び、一般社団法人ジャパン・フードバンク・リンク理事長。環境プランナー、第一種電気通信主任技術者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。