ダンス・イン・ザ・ファーム―周防大島で坊主と農家と他いろいろ

個数:

ダンス・イン・ザ・ファーム―周防大島で坊主と農家と他いろいろ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月24日 06時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 304p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784909394477
  • NDC分類 365
  • Cコード C0095

内容説明

都市と田舎、高齢者と子ども、外来のシステムと土着の霊性、移住者と地元の人…。すべてをまたいで今を生きる、切実でおかしみあふれる日々のはなし。

目次

第1部 暮らしの体験(おお、周防大島;あなたの本業ってなに?)
第2部 暮らしの観察(ダンス・イン・ザ・ファーム;断水inda House;心と境;LIFE BALL)
第3部 空白期、そして今(こむぎ)

著者等紹介

中村明珍[ナカムラミョウチン]
1978年東京生まれ。2013年までロックバンド銀杏BOYZのギタリスト・チン中村として活動。2013年3月末に山口県・周防大島に移住後、「中村農園」で農業に取り組みながら、僧侶として暮らす。また、農産物の販売とライブイベントなどの企画を行う「寄り道バザール」を夫婦で運営中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

booklight

38
【読友本】ギタリストが瀬戸内の島に移住して農家とかを始める。なーんか問題意識が違うと思ったら、全感覚際への参加について書いているところでわかった。いわく、お金の順番が違うと。やりたいことがあって、最後にお金がくる。なるほど。島に住むのも、農家をやるのも、坊主をやるのも、イベントの手伝いをするのも、政治のことを考えるのも、お金のためではないと。では何か、ということを書いていないのもいかにもミュージシャンという感じだが、面白い。確かにお金は大事で便利だがそれが目的ではないな。必要ではあるが十分ではない、か。2022/03/01

sagaway8

11
先日、他界した母が小学生の頃、身体が弱いために一時的に親戚に預けられて過ごした周防大島。瀬戸内海に浮かぶ、この島は父が高校まで過ごした場所でもあり、父方母方の両方の祖父母の故郷でもある。私のルーツはここにある。その島へ移住した元バンドマンで僧侶となった著者の日常。周防大島の現状に触れつつ、島の人々の温かみに包まれて、さまざまな困難に見舞われながらも家族とともに自らの生きる道をひたすら模索する姿に敬服するばかり。いつかまた訪れて周防大島を支える人たちと交流できることを切に願う。2021/04/01

Koji Harasawa

6
著者同じ年パターンが最近多い気がする。同じ年月を過ごしてきたから、染みてしまうのだろう。それは分かる。バンドマンから農。この流れもすげえ分かる。山口県周防大島という場所も行ってみたことがないが、だいぶ良い。ヤギを飼いたい。2021/05/28

ゴロチビ

4
"ミュージシャンだった人の田舎暮らし本"なんて、読む前から中味は想像できると思っていた。文章も、まあ読みにくいし。で、予想通り途中で放り出しそうになったんだが、最後まで読んでしまったのは何故だろう。瀬戸内海の人口1万7千の島で都会育ちの著者が体験する出来事は、これまでの自分の人生と重なる部分が全くと言っていい程無かったからかもしれない。初めはとても不器用に見えた著者だが、実は結構器用で(ギタリストだし)、何より未知の世界に物怖じせず飛び込んで行く心の柔らかさを持っていたこと。そして絶対、奥さんが偉いのだ。2021/09/04

だだだ

4
立て続けにミシマ社。著者がとっても魅力的。生き様が面白い。悩み考え動く様が興味深い。今後にも期待。2021/08/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17595220

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。