イスラムが効く!

個数:

イスラムが効く!

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2021年12月07日 06時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784909394187
  • Cコード C0095

出版社内容情報

もう、国(国家)に頼らない。
仕事、セクハラ、介護、家族の問題から心の病、世界平和まで…
「イスラムの知恵」が問題だらけの日本を救う!
イスラム地域研究者の内藤正典先生と、イスラム法学者でムスリムの中田考先生が語り合う、イスラムの効用。
・お金も能力もあればあるほど試練
・夫婦以外の男女は一対一でご飯を食べに行かない
・高齢者介護は家族全員で
・家族が犯罪を犯しても見捨てない
・病気は、来世の罰の前借り…etc.
世界の3人に1人がイスラム教徒になる時代、こうした西洋でも東洋でもない第3の選択が“常識”になる!?

目次
第1章 イスラムが人生に効く
第2章 ビジネスはイスラムに学ぼう
第3章 男女のことを「イスラム」で見ると
第4章 貧困問題を「イスラム」で解く
第5章 イスラムが「心の病」に効く
第6章 イスラムが高齢社会に効く
第7章 イスラムが家族に効く
第8章 イスラムから世界平和を考える
第9章 イスラムから世界の動きを知る
第10章 二十一世紀に生きるイスラムの知

著者情報
内藤正典(ないとう・まさのり)
1956年東京都生まれ。東京大学教養学部教養学科科学史・科学哲学分科卒業。博士(社会学)。専門は多文化共生論、現代イスラム地域研究。一橋大学教授を経て、現在、同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授。著書に『となりのイスラム――世界の3人に1人がイスラム教徒になる時代』(ミシマ社)、『イスラム――癒しの知恵』『イスラム戦争――中東崩壊と欧米の敗北』『限界の現代史――イスラームが破壊する欺瞞の世界秩序』(以上、集英社新書)、『ヨーロッパとイスラーム――共生は可能か』(岩波新書)など多数。

中田考(なかた・こう)
1960年岡山県生まれ。東京大学文学部イスラム学科卒業。カイロ大学博士(哲学)。同志社大学客員教授・一神教学際研究センター客員フェロー。83年イスラム入信。ムスリム名ハサン。クルアーン釈義免状取得、ハナフィー派法学修学免状取得。在サウジアラビア日本国大使館専門調査員、山口大学教育学部助教授、同志社大学神学部教授、日本ムスリム協会理事などを歴任。著書に『帝国の復興と啓蒙の未来』(太田出版)、『イスラーム入門――文明の共存を考えるための99の扉』 (集英社新書)、『イスラームの論理 』(筑摩選書)、『みんなちがって、みんなダメ』(KKベストセラーズ)など多数。

同著者の関連本
『となりのイスラム』内藤正典(著)

内容説明

もう、国(国家)に頼らない。仕事、セクハラ、介護、家族の問題から心の病、世界平和まで…「イスラムの知恵」が問題だらけの日本を救う!

目次

第1章 イスラムが人生に効く
第2章 ビジネスはイスラムに学ぼう
第3章 男女のことを「イスラム」で見ると
第4章 貧困問題を「イスラム」で解く
第5章 イスラムが「心の病」に効く
第6章 イスラムが高齢社会に効く
第7章 イスラムが家族に効く
第8章 イスラムから世界平和を考える
第9章 イスラムから世界の動きを知る
第10章 二十一世紀に生きるイスラムの知

著者等紹介

内藤正典[ナイトウマサノリ]
1956年東京都生まれ。東京大学教養学部教養学科科学史・科学哲学分科卒業。博士(社会学)。専門は多文化共生論、現代イスラム地域研究。一橋大学教授を経て、同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授

中田考[ナカタコウ]
1960年岡山県生まれ。東京大学文学部イスラム学科卒業。カイロ大学博士(哲学)。同志社大学客員教授・一神教学際研究センター客員フェロー。83年イスラム入信。ムスリム名ハサン。クルアーン釈義免状取得、ハナフィー派法学修学免状取得。在サウジアラビア日本国大使館専門調査員、山口大学教育学部助教授、同志社大学神学部教授、日本ムスリム協会理事などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

柚木あんづ

11
宗教の本って手に取りづらかったんですが『となりのイスラム』を読んだのをきっかけに気になるジャンルに。日本の現代社会が抱える政治的、経済的問題が「イスラム」的な考え方だったら、こんなふうに風通しよくなるよ〜というススメ。世界情勢を理解する上でイスラムを学びたい!という視点ではなくて、“生きることを易しく(容易に)することと、人に優しくなれること”を学べるのは、今の自分に必要なことだったと思う。特に、イスラムの福祉というか、日本だと社会的弱者と呼ばれるお年寄り、子ども、障がいのある方への考え方が好きなんです。2021/11/08

nchtakayama

11
ムスリムの中田先生と、信者ではない立場でイスラム地域を研究している内田先生の対談集。途中にコラムもあります。日本の価値観で生きていてぶち当たる色々な課題に、イスラームならこう考えるよ、紹介しています。イスラームについて書かれた本は、いつまで「誤解を解く」こと紙幅を割かなければいけないんだろう!中田先生、灘高の同級生である勝谷誠彦氏の訃報に触れたあとがきに、ほろり。徹底的な理論家の、センチメンタルを排した友情に溢れた弔辞でした。2020/02/07

kenitirokikuti

10
ちょうど佐藤優と副島隆彦の対談本を先に読んでいたのだけど、この2人は中田考は気違いアナキストみたいな扱いだった。まぁ、ドイツのプロテスタントとカトリックの殺し合いの中から寛容の精神が生まれた、つうても近代欧州ってキリスト教徒同士で戦争しすぎでしょ、あとフランスがムスリム女の被り物を剥ぐのはセクハラでしょ、あれは男のヒゲと同じで宗教シンボルじゃないし等、中田考の意見の方が無理がない感じ。ただ、イスラム法と国民国家が直結するとかなり最悪なことになりがちなのはヤバいと思う。2019/04/30

ジュースの素

9
2人のイスラム研究者の対談。日本にはまだ馴染みの薄いイスラムの事をわかりやすく話している。 イスラムって本当はこうで と言われても現実に過酷な問題を起こすのはそちらの人だったりすると何か根本にモンダイがあるのでは?とつい思う。イスラム教は基本的に放浪民族のもの、翻って農耕民族の日本人には理解しにくい所はあるよなぁと…。2020/02/17

冬佳彰

9
うん、面白かった。たぶんイスラムとしての在りようとは、信仰のみならず、人生の全てを包含するんだろうなあ。他の信仰を持つ人々もそうなのかもしれない。だとすると、ほぼ無宗教な俺なんかには想像できない精神性の世界がそこに広がっているんだろう。それは本書で書かれているように「楽にしてくれる」世界なんだろう。軽々しく盲信などと呼んではならないな。ただまあ、「イスラムが効く」を前面に出すために、ほとんど現代の万病に効きます的な言説も、ちょっとカッコに入れたほうが良いのかもしれない。2019/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13545319

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。