手売りブックス<br> 京をあつめて

個数:

手売りブックス
京をあつめて

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 167p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784909394088
  • Cコード C0095

目次

1 2014.3~2015.2(春を探して;青、黒、銀、金 ほか)
2 2015.3~2016.2(美酒、喫茶;四月は微熱の季節 ほか)
3 2016.3~2017.2(会うは別れの;階上の店 ほか)
4 2017.3~2018.2(光をあつめて;桜パトロール ほか)

著者等紹介

丹所千佳[タンジョチカ]
1983年、京都生まれ。編集者、会社員。高校までを京都で過ごし、大学時代と社会人生活で七年間の東京暮らしを経て、ふたたび京都で暮らす。「PHPスペシャル」「mille」編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ユメ

30
著者はハレとケのあわい京都を軽やかに歩き回り、いつだってときめきを探す。拾い集めたきらきら輝くときめきは著者にしっかり吸収され、人柄の魅力を増すのに一役も二役も買っているのだろう。目の前に広がる四季の美しさを伝えるためにさっと詩歌を引用するセンス、そして著者自身の文章の豊かさからそのことが伺える。そして、祇園祭というハレの日に、著者は古からの人々の祈りや願いが今も生き続けるこの街の特別さに思いを馳せ、その歴史に連なることに心の平安を感じる。もしまた京都に住むことがあれば、私がしたいのはこんな暮らしだ。2018/07/15

金吾

17
京都の四季の魅力と美味しい食べ物が紹介されています。表現が好みなので読んでいて楽しくなりました。地元ですが、ずっと帰っていないので帰省したくなりました。2022/02/03

きゅー

10
京都在住の編集者が書く、京都の暮らし方。ガイドブックには載ってこないであろうお店の数々が紹介されていて、羨ましさで身悶えする。そして「川のある街はいい。街中に川があるのは幸いです。」という言葉には何度も頷かされる。 京都に行くと、ついなんとなく鴨川の土手を歩いていしまう。川の流れる音はそれだけで心が落ち着かされ、また天気の良い日などにのんびり散歩していたり、遊んでいたりする人を見れば、こちらも嬉しくなってしまう。京都の良さは街中に川があり、緑があることだろうと感じた。2021/04/27

わいほす(noririn_papa)

8
名久井直子さんの表紙に誘われ、京都プチ旅行のお供にと持参したが、これは観光というハレの京都ではなく、日常のケの中の風物詩を書き留めたエッセイで、京都の街に暮らす人が季節の初めにふとページをめくり、ああそういえばあの道を歩いてあの店のお菓子でも食べに行こうかと思いを馳せる、そんな本。 たぶんどこの街にも季節の移ろいを感じる景色や隠れ家のようなお店があるのだろうけれど、やはり京都は格別で、ふと路地を曲がればそこに現れる景色に、日常がハレに変わる。 景色も言葉も美しい。(コメントに続く)2018/08/11

rikako

2
『京都が好きなあなたへ。お店、いくつわかりますか?』 京都の人が描く、京都の日常と季節。京都のひとが書いたなあ、という、気品みたいなものを感じます。面白いのは、お店や食べ物について。美味しそうなのがたくさん出てくるけれど、しばしばその名前が書かれていないんです。敢えて書いていない。あのことかな?あのお店?と、想像するのも楽しい。 ちなみに、私はわからないお店が多かったです。まだまだ修行が足りない模様。2018/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12891571

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。