ありがとう。ママはもう大丈夫だよ―泣いて、泣いて、笑って笑った873日

個数:

ありがとう。ママはもう大丈夫だよ―泣いて、泣いて、笑って笑った873日

  • ウェブストアに24冊在庫がございます。(2019年07月19日 00時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784909298041
  • NDC分類 916
  • Cコード C0011

内容説明

これから先、訪れるかもしれないさまざまな出来事を、喜びに変えることができる感動の一冊!

目次

第1章 覚悟を決める(はじめまして;優ちゃん ほか)
第2章 幸せになるための修行(病棟での生活、始まる;緩和ケアへの抵抗感 ほか)
第3章 葛藤(夜中の電話;幸せの裏と表 ほか)
第4章 奇跡は必要なところに起こる(体は箱;普通はつらいよ ほか)
特別寄稿 優ちゃんと過ごした大切な時間を振り返って―小児緩和ケアの役割について考える(国立研究開発法人国立成育医療研究センター総合診療部緩和ケア科診療部長・余谷暢之)

著者等紹介

武藤あずさ[ムトウアズサ]
1982年生まれ、千葉県出身。立教大学社会学部卒。大学卒業後、美容関係の会社に就職。その後、新たな仕事を始めるが、結婚・妊娠を機にホストだった夫と共に歌舞伎町を離れる。そして、2人で一念発起し、小さな立ち飲み居酒屋を大田区大森駅にオープン。5年で3店の出店を実現。現在、飲食店の会社は知人に譲渡し、別法人2社の代表取締役に、夫は主夫となる。長男次男に恵まれたが、次男は出生時より障害があり、2018年5月に他界(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。