種子法廃止と北海道の食と農―地域で支え合う農業‐CSAの可能性

個数:

種子法廃止と北海道の食と農―地域で支え合う農業‐CSAの可能性

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 167p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784909281104
  • NDC分類 615.23
  • Cコード C0061

内容説明

米・麦・大豆の生産・普及を地方自治体に義務付けていた「種子法」が廃止され、主要農作物のタネが“自由市場”へ―どうなる、北の大地の食と農。

目次

第1部 種を継ぐ人々(いのちは誰のもの?―種子法廃止が与える農家への影響;種がつなぐ、人と地域と自然と ほか)
第2部 種子法の廃止とこれからの行方(種子法が果たしてきた役割と廃止後の課題;種子法はなぜ廃止されたのか ほか)
第3部 先端育種技術と種子法廃止の関係(種子法廃止と遺伝子組み換え作物;種子法廃止とゲノム編集)
第4部 これからの食と農を考える(命を支える「食の経済」をつくろう;ローカリゼーションが人々を幸せにする)
補遺 種子は人類共有の財産?それとも企業の所有物?