悲しいけど、青空の日―親がこころの病気になった子どもたちへ

個数:

悲しいけど、青空の日―親がこころの病気になった子どもたちへ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B5変判/ページ数 133p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784909125200
  • NDC分類 E
  • Cコード C8711

内容説明

お母さんやお父さんがうつ病や統合失調症になったら?うつ病のお母さんをもつ9歳の女の子、モナとの対話を通して、精神疾患に対する偏見や、社会のバリアを越えていく絵本。

目次

第1章 悲しいけど、青空の日
第2章 モナからあなたへ―子どもたちへのアドバイス(こんにちは!;家の中がなにか変なの。ママやパパは病気なのかな?;ママやパパがどうなっているのか、だれが見つけてくれるの?;こころの病気(精神疾患)にはどんなのがある?
だれがママやパパを助けてくれるの?
精神病院ってなに?
だれが私を助けてくれるの?
私はだれと話すことができる?
私がだれにも話せないときは、どうしたらいいの?
ママやパパが精神疾患なのは私が悪い子だから?
ママやパパ、精神疾患に怒ってもいいの?
私も精神疾患になるの?
ママやパパが悲しい日に、だれが私のために何かしてくれる?
緊急時の計画表
ほかの子が私に何か悪いことをいう時に、どうしたらいい?
ママやパパが精神疾患の子どもは、ほかにもいるの?)
第3章 親と身近な人たちへのアドバイス

著者等紹介

ホーマイヤー,シュリン[ホーマイヤー,シュリン]
社会教育学を専攻し、精神疾患の親がいる家族や子どもを支援する団体に1990年代末から従事。カウンセリング、講演会、学習支援などを行う。精神疾患の親がいる家族、とりわけ小学生の子どもたち向けの本が不足していると感じ、『悲しいけど、青空の日』の執筆を思い立つ

田野中恭子[タノナカキョウコ]
佛教大学看護学科准教授。精神障害者の家族に関する研究、支援を行う。「精神に『障害』のある親を持つ子どもの集い」(京家連)、NPO法人ぷるすあるは製作の動画「親が精神障害 子どもはどうしてんの?」に参加している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。