オトナ女子の文章作法―SNS地獄を生き抜く

個数:

オトナ女子の文章作法―SNS地獄を生き抜く

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年11月24日 16時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 171p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908925184
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C0095

内容説明

SNS地獄を本当の地獄にするか、それなりに居心地のいい場所にするか、それを左右するのが「文章作法」。LINE、Facebook、Twitterで直面しがちな35の地獄について、果敢に立ち向かい、最小限のダメージで逃げ出すための「文章作法」を指南。

目次

01 LINE地獄(「“ツッコめない”距離感」―大人のつき合い編(予告もなく、いきなりグイグイ迫ってこられる地獄;ポエムのような投稿への毎度の返信がしんどい地獄 ほか)
「“近すぎる”距離感」―身内・友だち編(やりとりを終わりたいのに、延々と終わらない地獄;自分が返信するとトークがピタリと止まる地獄 ほか)
「“あらがえない”距離感」―お仕事編(とりとめもないネタに返事を考えすぎて置き去り地獄;共通の同僚への悪口を言わせようとしてくる地獄 ほか))
02 フェイスブック地獄(ハッピー気分が吹き飛ぶ、めんどくさい自虐コメント地獄;わかっている人だけが謎の隠語で盛り上がる地獄 ほか)
03 ツイッター地獄(「ゆる募」に返事したら上からダメ出し連発地獄;あの快感が忘れられなくてバズりたい欲肥大地獄 ほか)

著者等紹介

石原壮一郎[イシハラソウイチロウ]
コラムニスト。1963年三重県松阪市生まれ。月刊誌の編集者を経て、1993年に『大人養成講座』でデビュー。新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、ウェブ、ゲームなどあらゆる媒体で活躍し、郷土の名物を応援する「伊勢うどん大使」「松阪市ブランド大使」も務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

LINE、フェイスブック、ツイッターで、スルーされない、嫌われない、振り回されない、悩まないオトナ女子のための文章作法本。LINE、フェイスブック、ツイッターで、スルーされない、嫌われない、振り回されない、悩まないオトナ女子のための文章作法本。

石原壮一郎[イシハラソウイチロウ]
著・文・その他