衝撃の彼方 ディープインパクト

個数:

衝撃の彼方 ディープインパクト

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 05時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 209p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784908655180
  • NDC分類 788.5
  • Cコード C0075

出版社内容情報

★『優駿』で注目を集めた連載「名馬の一生 ディープインパクト」を加筆修正して1冊に。




追憶のディープ、17年127日の生涯。




2019年7月30日、突然この世を去ったディープインパクト。


競走馬として、そして種牡馬として偉大な足跡を残した歴史的名馬の一生を、

関係者への丹念な取材を通してよみがえらせた渾身のノンフィクション。

[目次]
--------------------------------------------------------------------------------

はじめに



1 母と父

プロローグ~二〇二〇年・春、ノーザン ホースパーク/「即決」で購入した繁殖牝馬/英国王室が育んだ血統/父はアメリカ二冠馬



2 小さな弟

兄は九七〇〇万円で落札/タイプの違う兄弟/第五回セレクトセール/一声で終わった理由/小さく目立たない弟



3 巣立ち

「横手厩舎」で始まった調教育成/並外れた俊敏さが招く「落馬」/見劣りした「ブラックタイドの弟」/坂路調教で評価が一変



4 出陣


新馬戦の衝撃、規格外の若駒ステークス/科学でも証明された能力の高さ/「クビ差」だった弥生賞/「走っているというより、飛んでいる感じ」/ギリギリの蹄を救った「接着装蹄」



5 悲願と偉業

究極の仕上がり/直線大外を「独走」/強化合宿のテーマは「我慢」/前哨戦で不安を一掃/史上二頭目、無敗での三冠制覇



6 機運到来

有馬記念に向けて/大雪と生涯初の敗戦/気持ちを入れ替える/「復活」の走り/壮行会ムードの宝塚記念



7 重たい空気

凱旋門賞の舞台へ/ロンシャンでの追い切り/直線、歓声が悲鳴に変わる/引退発表、そして禁止薬物の検出



8 第二の門出

大団円/一般公開とC M出演/小柄の種牡馬には大柄の牝馬を/サンデー産駒らしくない性格や体質/勝ちまくる初年度産駒たち



9 勢力拡大

始まりはマイルG I勝ちだった/クラシックディスタンスでの活躍/加速する勢い/「血」の広がり/海を越えてやって来る良血牝馬/種付料が父を超える



10 喪失と継承

首の不具合、手術、そして早すぎる死/八年連続のリーディングサイアー/コントレイル が無敗の三冠馬に/喪失と継承/エピローグ~二〇二一年・春、ノーザンホースパーク



おわりに

内容説明

追憶のディープ、17年127日の生涯。神に選ばれ、ファンに愛され、周囲の人びとを幸福にした、歴史的名馬にして名種牡馬の、「衝撃」を超えた物語。雑誌『優駿』の好連載を書籍化!

目次

1 母と父
2 小さな弟
3 巣立ち
4 出陣
5 悲願と偉業
6 機運到来
7 重たい空気
8 第二の門出
9 勢力拡大
10 喪失と継承

著者等紹介

軍土門隼夫[グンドモンハヤオ]
1968年生まれ、神奈川県出身。早稲田大学理工学部入学、第一文学部中退。『週刊ファミ通』編集部、『サラブレ』編集部を経てフリーとなる。現在、競馬ライターとして『優駿』『Number』などに寄稿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スプリント

7
その名のとおり競馬ファンに大きなインパクトを残した名馬でした。 凱旋門賞は惜しかったがきっと子供たち孫たちが夢を叶えてくれるでしょう。2021/11/23

がんばる駄目人間

4
【感想】母から始まり最後に同じ牧場に戻ってくる構成はブラッドスポーツとしての競馬が現れていてドラマチックに読ませる。実際の彼の走りを見たことが無いのだが、カンテレ公式動画で見ても名に違わない格好良さ。ハーツクライ等ライバルとの戦いとかも詳細に知りたい。個人的にはネットで言われているJRAの暴走が本当にあったのか知りたいが、ネットは誇張されるものだしこちらは優駿の連載記事だしここは仕方なし。コントレイルもまだまだこれから期待したい所。やっぱり性格が五月蝿かったのかステイゴールド…2021/09/04

Matsumouchakun

3
本当に魅力的な馬だ。凱旋門賞勝ってほしかった。いつか彼の血が入った馬の勝利を願う。2021/12/25

shinko0925

2
出遅れ圧勝の皐月賞、3コーナーロングスパートの天皇賞春、完勝フィナーレの有馬記念が、特に「衝撃」的でした。関係者の方が語っていた「ディープは人が好き」「人が自分を見ているのを分かっている」という話が印象的です。ディープインパクトは、自分がするべきこと、求められていることを、分かっていた…。競争馬としての能力は勿論、「心」も超一流の馬だったのかもしれません。今後、この馬を超える馬は現れるのでしょうか…。2021/10/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17694487

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。