ペデルペスの足跡―日本近代詩史考

個数:

ペデルペスの足跡―日本近代詩史考

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月19日 02時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 244p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908568190
  • NDC分類 911.52
  • Cコード C0095

内容説明

日本近代詩のペデルペスたちの足跡を辿る。口語自由詩を切り開いた萩原朔太郎、西脇順三郎、宮澤賢治、中原中也、立原道造たち近代詩人が通った一様ではない進化の過程。太平洋戦争に直面した三好達治、草野心平、伊東静雄たちの生の痕跡。詩の実作者が辿る詩史論。

目次

ペデルペスの足跡(「浄罪詩篇」時代―萩原朔太郎;『氷島』の詩語―萩原朔太郎;遠いものの連結―西脇順三郎;文語定型詩への到達―宮澤賢治;歌の成立―中原中也;口語自由詩の完成―立原道造;反「師系」の文学としての詩)
戦争と詩人(戦争と詩人;頸ながし鳥 臀おもし鳥―三好達治;死んだら死んだで生きてゆくのだ―草野心平;このかさのひらかずば―伊東静雄)

著者等紹介

近藤洋太[コンドウヨウタ]
1949年福岡県久留米市生まれ。中央大学商学部経営学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本近代詩人たちが通った一様ではない進化の過程を詩の十作者が辿る詩史論。口語自由詩を切り開いた萩原朔太郎、西脇順三郎、宮澤賢治、中原中也、立原道造たち近代詩人が通った一様ではない進化の過程。太平洋戦争に直面した三好達治、草野心平、伊東静雄たちの生の痕跡。詩の実作者が辿る詩史論。

日本近代詩の問題―前書に代えて

ペデルペスの足跡

「浄罪詩篇」時代―萩原朔太郎
『氷島』の詩語―萩原朔太郎
遠いものの連結―西脇順三郎
文語定型詩への到達―宮澤賢治
歌の成立―中原中也
口語自由詩の完成―立原道造

反「師系」の文学としての詩

戦争と詩人

戦争と詩人
頸なか?し鳥臀おもし鳥―三好達治
死んた?ら死んた?て?生きてゆくのた?―草野心平
このかさのひらかす?は?―伊東静雄

近藤洋太[コンドウヨウタ]
著・文・その他