カニという道楽―ズワイガニと日本人の物語

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

カニという道楽―ズワイガニと日本人の物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月01日 22時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908443459
  • NDC分類 664.76
  • Cコード C0095

内容説明

初セリでズワイガニ1枚に、なんと200万円の値が付いた!「冬の味覚」として深く愛されてきたズワイガニ。巨大な赤いカニでお馴染みの「かに道楽」、料理人や漁師の創意工夫、カニを産地へ食べに行く「カニツーリズム」…ズワイガニをめぐって繰り広げられる日本人の物語を多角的な視点から描いた待望の書。

目次

序 ズワイガニとは?
第1章 カニを都市に持ち込んだ人
第2章 カニツーリズム誕生とカニの流通
第3章 カニ産地を行く
第4章 ズワイガニの日本史
第5章 カニという道楽を守るために

著者等紹介

広尾克子[ヒロオカツコ]
1949年大阪府生。関西学院大学大学院社会学研究科研究員。1971年神戸大学文学部卒業後、(株)日本旅行入社。2000年退職まで主に海外旅行企画部門に従事。2013年関西学院大学大学院社会学研究科入学。同科博士後期課程を単位取得退学後(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinkin

92
サブタイトルはズワイガニと日本人の物語。冬といえばカニ、カニといえばズワイガニ、そのズワイガニがどのように加工されてきたか、それをどのようにして関東や関西に出荷してきたのか、カニと旅の関係、カニ店のことなどが書かれている。山陰で穫れば松葉ガニ、福井で穫れば越前ガニ。どれもズワイガニ、しかし漁獲量の減少とブランド化でとても高い。地元に住んでいてもオスのカニなど食べたことがないし値段の安い雌ガニ(せいこ蟹)のほうがずっと美味しくて好きだ。殻の中のみそは絶品。作家開高健氏はとても好きだったことも書かれている。2019/12/22

ようはん

19
日本におけるズワイガニの食文化史。戦後間もない頃まで日本海沿岸の地元で細々と食べられていたズワイガニが一気にメジャーになったのは大阪の有名なかに道楽がかにすきを導入してヒットさせた事や北陸・山陰の日本海沿岸の民宿や温泉がズワイガニで観光客の導入を図ったりは中々面白い内容で個人的には越前町の旅館を訪れた開高健が食べた蟹飯がルーツの「開高丼」が1番食べてみたいと思った。しかし最後に取り上げられている現在のズワイガニ漁の問題点の数々、特にズワイガニの近年における資源量の急激な低下は暗澹とした気持ちにさせられる。2020/10/08

パトラッシュ

11
大阪在勤の頃、阪神タイガースへの熱狂と目の色を変えてカニにかぶりつく関西人の心情が理解できなかった。旅行代理店の店頭で見たカニ食い旅行のパンフレットには呆れたが、当時なぜこれほどカニを偏愛するのかと抱いた疑問を解き明かしてくれる本に初めて出合った。カニ漁師だけでなく仲買人や料理店、消費者に駅弁、経済統計に至るまで様々な視点からカニと日本人の関係を探り、戦後の歴史と重なって日本人の生活に「カニを食べること」が浸透していくプロセスを描き出すさまは実に面白い。食の歴史は民衆史そのものであると再認識させてくれる。2019/11/25

niz001

9
積読から回収。ズワイガニ限定の食文化発展誌。カニ料理の歴史の浅さとその歴史におけるかに道楽の存在の大きさに驚く。個人的には柴山のカニが最強。2020/10/04

クサバナリスト

8
わずか50年ほど前まではカニは高級品でなかったことに驚いた。カニ道楽のカニすき開発の経緯、山口県宇部市の株式会社ヤナギヤがカニカマ機械の約70%のシェアがあるなど面白い話もあった。 これから、水産資源としてのカニをどうしても扱うか、カニ漁師の後継者等多くの課題に直面している。2020/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14473205

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。