二宮金次郎とは何だったのか―臣民の手本から民主主義者へ

個数:

二宮金次郎とは何だったのか―臣民の手本から民主主義者へ

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784908443268
  • NDC分類 157.2
  • Cコード C0021

内容説明

二〇一八年度の小学校道徳教科書に「金次郎」が復活している。江戸末期から明治にかけて、二宮金次郎の地方財政再建手法は報徳運動として全国に広がった。そして、そこで創られた「金次郎像」は大日本帝国を支える「臣民」の手本とされた。ところが戦後は一転GHQによって民主主義者として称揚される。歴史の深層から、時代に塗りかえられた「金次郎」を掘り起こしてゆく。

目次

第1部 金次郎とその継承者たち―報徳運動のひろがり(二宮金次郎とはだれか;受け継がれる報徳思想;時代に翻弄される報徳運動;報徳運動のひろがり)
第2部 金次郎が求められた時代―臣民の手本から民主主義者へ(教育勅語とつくられた金次郎像;国家主義の台頭―戦争への道;民主主義者としての二宮金次郎)

著者等紹介

小澤祥司[オザワショウジ]
環境ジャーナリスト/科学ライター。1956年静岡県掛川市生まれ。東京大学農学部卒業。おもに生物多様性、自然エネルギー、持続可能な社会をテーマとして執筆活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

江戸末期から明治にかけて、二宮金次郎の財政再建手法は報徳運動として全国に広がった。

そしてそこから生まれた虚像「金次郎像」は大日本帝国を支える「臣民」の手本とされた。

ところが、戦後はGHQによって「民主主義者」として称揚される。



歴史の深層から時代ごとに塗り替えられた「金次郎像」を掘り起こしていく。

小澤 祥司[オザワ ショウジ]
著・文・その他