資本主義に未来はあるか―歴史社会学からのアプローチ

個数:

資本主義に未来はあるか―歴史社会学からのアプローチ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月17日 07時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 347p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784908407222
  • NDC分類 332.06
  • Cコード C3030

内容説明

資本主義の最終的危機か、地球規模の環境危機か。無秩序と混乱が世界を支配する、波乱に満ちた時代の幕開け。

目次

序章 次の大きな転換
第1章 構造的危機―なぜ資本家はもはや資本主義に報酬を見出せないのか
第2章 中産階級の仕事の消滅―もはや逃げ道はない
第3章 終わりは近いかもしれないが、誰にとっての終わりなのか
第4章 共産主義とは何であったか
第5章 いま資本主義を脅かしているものは何か
終章 目を覚ませ

著者等紹介

ウォーラースティン,イマニュエル[ウォーラースティン,イマニュエル] [Wallerstein,Immanuel]
1930年ニューヨーク生まれ。世界システム論の提唱によって社会科学一般に大きな影響を与えた社会学者

コリンズ,ランドル[コリンズ,ランドル] [Collins,Randall]
1941年テネシー州生れ。現代の代表的なマクロ歴史社会学および紛争理論の研究者

マン,マイケル[マン,マイケル] [Mann,Michael]
1942年マンチェスター生まれ。英語圏で最も影響力のある歴史社会学者の一人

デルルギアン,ゲオルギ[デルルギアン,ゲオルギ] [Derluguian,Georgi]
1961年北コーカサス生まれ。歴史社会学者。『コーカサスのブルデューの秘密の崇拝者』(シカゴ大学出版局)で2007年度のノーベルト・エリアス賞を受賞

カルフーン,クレイグ[カルフーン,クレイグ] [Calhoun,Craig]
1952年イリノイ州生れ。社会学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

34

10
もちろんない!2019/10/11

スプリント

9
どのような未来がくるにしても緩やかに移行し、ある時振り返ると大幅な変動があったことを知りそうです。国でもなく企業でもなく個人からの変容がより強調される社会になりそうな予感がします。2019/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14116268

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。