メンズウェア100年史

個数:

メンズウェア100年史

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月19日 17時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 312p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784908406744
  • NDC分類 589.2
  • Cコード C0076

内容説明

カジュアル・ファッションの元祖は、英国のエドワード7世だった…!?サヴィル・ローのテーラードから、軍服やデニムの変遷、ナチス体制への反発心を表現していたザズー・スタイル、究極の作業着をデザインしたロドチェンコ、革ジャンを流行らせたマーロン・ブランドの映画、1960年代の「ピーコック革命」、ジョン・レノンのヘアスタイル、パンクとクラブ・シーン、時代を先導した雑誌たち、そしてトム・ブラウンのタイトなジャケットまで。これぞ男のたしなみ。一家に一冊の贅沢な写真集。

目次

SUIT
WORKER&SOLDIER
ARTIST&REFORMER
GOOD GUY,BAD GUY
PLAYER
DRESSING DOWN,DRESSING UP
REBEL
PEACOCK
MEDIASTAR
CULTURE CLUBBER
STYLIST
DESIGNER

著者等紹介

ブラックマン,キャリー[ブラックマン,キャリー] [Blackman,Cally]
作家であると同時に、ロンドンのコートールド美術研究所で、ファッション・デザイン・アンド・ヒストリー・オブ・アートに関する学位やヒストリー・オブ・ドレスの修士号を取得した講師でもある。現在は、セントラル・セント・マーチンズ・カレッジをはじめ、さまざまな学校で教鞭を執っている。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

G-dark

18
1900年〜2000年のメンズファッションについての写真、広告、解説文などを楽しめる本。スーツ、仕事着、カジュアルウェア、スポーツウェア、部屋着、帽子、襟、ボタン、靴といった様々なアイテムが変化していく様子を掲載。はじめはスーツでビシッとキメて髪も髭も整えていて、だんだん政治への反発を示すためわざと着崩したり、戦後落ち着いてくるとポップなアイテムを使うようになり、映画やテレビの普及によって世界中の人々がスターのファッションを真似するようなる…。ファッションを通して、そうした当時の時代背景が伝わってきます。2021/10/08

kaz

1
図書館の内容紹介は『エドワード7世のスーツから、軍服やデニムの変遷、革ジャンを流行させた映画、ピーコック革命、トム・ブラウンのタイトなジャケットまで。1900年からの100年間にメンズウェア界で起きた革命を写真とともに解説する』。革命云々というよりは、属性ごとに多様なファッションを並べたという印象。いろいろなファッションがあって楽しめるが、それ以上のものでもない。 2020/11/11

j080279

0
福島図書館 読んでいない ざっと流し読み 洋書を翻訳したのか年代がわかりづらい 1970ごろのファッションなのに1940以降の章でずっとやってるし.....2022/04/13

きなこ

0
メンズウェアが歴史の影響で、または歴史的事象に対抗するために変化していく流れが沢山の資料と共に見られる。2022/01/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16756730

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。