海を渡った故郷の味 (新装版)

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

海を渡った故郷の味 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 02時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 107p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784908406539
  • NDC分類 596.2
  • Cコード C0077

目次

野菜料理
魚料理
豚肉料理
鶏肉料理
牛肉料理
ライス/麺料理
デザート

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

碧雲- lukeminen

2
15の国や地域から日本に亡命してきた方たちのレシピ 〈家庭料理の味や匂いの記憶は、生まれ育った土地の記憶を呼び起こすもの〉 2021/06/22

チョビ

2
やるかとなると、相当スパイスに詳しい方じゃないと難しい。逆にいうと、スパイシーな料理を好む方々が「難民」となりやすいということか。そういった背景を感じるだけでも勉強になったかな。私にはそんな難しいことわからんよ…。2020/06/27

マオ

0
難民として日本に渡った方々が教える故郷のレシピ集。 クルド、ネパール、ゴンゴ、アゼリ、チン他。 スパイスをふんだんに使用した料理が多い印象。 「魚を揚げてから蒸す」「塩もみ胡瓜に胡麻とターメリックを和える」など普段見慣れた食材の新鮮な使い方が面白い。 レシピの横に書かれたワンポイント情報や奥付に書かれた難民のコメントも必見。 料理本である故、深ぼりはされていないが、背景を知ることでニュースで流れる「難民」のイメージとは違う一面を感じられた。 料理だけでなく様々な国の考え方に触れられる良本。2020/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15207896

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。