味なたてもの探訪<br> 看板建築―昭和の商店と暮らし

個数:

味なたてもの探訪
看板建築―昭和の商店と暮らし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月20日 05時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784908406270
  • NDC分類 526.67
  • Cコード C0052

内容説明

「建物」から街と人の暮らし、時代性を探るビジュアル探訪記。関東大震災、第二次世界大戦、高度経済成長期…波乱と復興の時代を生きた建築130軒以上!

目次

INTRODUCTION(看板建築ってなんだ?;看板建築が生まれたワケ;看板建築のエレメント ほか)
INTERVIEW(万定フルーツパーラー;岡昌裏地ボタン店;湯浅物産館 ほか)
PHOTO ARCHIIVE―あの日の看板建築 懐かしき街風景のアーカイブ(千代田区(神田エリア)
中央区(日本橋エリア)
中央区(銀座/築地/新富町/入船/八丁堀エリア) ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あじ

31
一般的な単行本より少しサイズが大きいくらい。しかしとても満足している。年月を経た緑青の表情と造形のポーズに魅せられたから。◆私と相性抜群の本屋さん『Title』が取り上げられていた(※看板建築の店舗だから)。今頃本書は面出しされ、中央コーナーに鎮座しているはず。例え取材されていなかったとしても、店主は選書しているはずだ、間違いなく。◆訪れたことのある『江戸屋』や『たてもの園』などの顔ぶれを見つけ“お久しぶり!”と一人はしゃいだ。◆2019.7月号の雑誌【散歩の達人】で現役看板建築の特集を組んでいる。2019/07/24

おくらさん

17
建築好きの私には大変興味をそそられました。 看板建築の定義から、内装に至るまで。ノスタルジックな看板建築は、自分がいなかった時間が染み込んでいる貴重な財産かもしれない。 想いを馳せながら、 クリームソーダ飲みたくなりました。 近いうちに探索したい。2019/09/14

kumako

13
この本に載っている建物は現存しない物が多い。けれどもなんとなく感じるものがあって上部に目を向けたら、丸窓や個性的なレリーフがある建物を発見する事があります。それが看板建築だったのかどうかは素人の私には解らなかったけど、これからの街歩きが益々楽しくなりそうな本でした。5軒長屋の上部にそれぞれの商号が設けてあるのを見比べるのと、2軒長屋の左半分だけが現存している写真が面白かったです。2022/07/10

ごま

13
読むのが勿体ないと思いながら、また、このような嗜好の仲間がいることに感謝しながらじっくり眺め、読んだ。残念なのは大体の建物が解体されていること。その記載を見る度ため息。図書館で借りたのだけど、これは購入して手元に置いておきたくなった。2019/07/14

ツキノ

11
書店でひと目惚れ。まずは長男にプレゼント。関東大震災後に東京近郊から日本全国に広がった商業建築の一つ「看板建築」。今も営業している10店舗のインタビュー取材(これが素晴らしくいい)と、すでに廃業や解体されている看板建築が紹介されている。味があってとてもいい。2019/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13659661
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。