LUKE MAGAZINE<br> LUKE MAGAZINE〈Vol.2〉Hello,Work!―僕たちの仕事論。

個数:

LUKE MAGAZINE
LUKE MAGAZINE〈Vol.2〉Hello,Work!―僕たちの仕事論。

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月30日 06時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 140p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784908406225
  • NDC分類 305
  • Cコード C0036

目次

研究がつなげた3つの道で、アートを開かれたものへ。(美術館研究員・大学講師・ライター 浅野菜緒子)
「この仕事が好きだからやってます」と、胸を張って言えるような人生を送りたい。(フリーター 荒田研成)
初めての子育て、自分を見つけるために絵を描く。(主婦 安藤遙)
副住職もクリエイターも「僧侶」としての仕事。(月仲山称名寺副住職/煩悩クリエイター 稲田ズイキ)
自分の好きなファッションの世界で、いつまでも活躍していたい。(スタイリストアシスタント 内山晴輝)
家族でつなぐ、日本とロサンゼルスの掛け橋に。(「minoi」オーナー 大和田晋吾)
いつまでも夢を見たいし、夢を見せられる存在でありたい。(OKAMOTO’Sボーカリスト オカモトショウ)
「素直に、謙虚に、前向き」に。夢はオリンピック。(バレーボール選手 小野寺太志)
人とのつながりが開いた新たな道。(フリーランスPR 勝山龍一)
いくつになっても、つねに新しいことをやり続けていきたい。(AMORE n AMIGO MIYAKO ISLAND店主 佐藤壮太)
前と変わらないよ、とりあえずおどる。(経済学者・詩人 ジョージ・ネルソン)
プロレスというエンターテイメントの新しい可能性。(プロレスラー 定アキラ、Aima Libre代表 Kaguya Asuka)
お母さんじゃない。私が私でいられる場所。(OHYA BASE管理人 藏所千尋)
自分がやりたいことをやるために、林業を生業にする。(林業 中村純)
30歳ではじめての就職。家族を守るために働く。(介護士 袴田哲史)
やりたいことが仕事につながって、これからは社会に貢献する作品を。(映像ディレクター Foolish)
水産業は、こんなに面白い。「かっこよくて、稼げて、革新的な水産業」に向かって。(一般社団法人フィッシャーマンジャパン事務局長代理 松本裕也)
湯を沸かし、人をつなぐ。走る銭湯は世界へ。(移動式銭湯 三宅天真)
世界に挑戦! 可能性はそこにある。(スペイン語通訳・動画編集 山中敦史)
異国の地で発展するラーメンの未来。」ラーメン屋「ramen RAIJIN」オーナー 吉田洋史)
ローカルのコーヒーショップから町を盛り上げる。(Push& Pour Coffeeオーナー ルーカル・エルレバッハ)