職業としての「編集者」

個数:

職業としての「編集者」

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年03月29日 12時44分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784908110016
  • NDC分類 021.4

内容説明

プロデューサーか、黒子か…。編集者の「魂」と「技術」のあり方は?出版界混迷の時代の、新しい「編集学」。「ビジネス書編集者」という立ち位置から語り尽くした、本づくりの原点。

目次

第1章 編集という職業とは何か?―編集者は、アーティストを超えた職業人である(私論・出版と編集のあるべきかたちとは?;「編集者」と言っても、いろいろある ほか)
第2章 編集者として最低限、備えておくべきもの―「編集者」は、何でもできる黒子である(では、編集者の適性とは何か?;人の話をどこまで聞けるか? ほか)
第3章 いい本、売れる本をこうしてつくる!―編集者に求められる、いくつかの「技術」とは?(「企画」は、どのように生み出すか?;ビジネス書編集者にとっての「企画・構成力」 ほか)
第4章 大きく変化する出版界と編集者の対応は?―今あえて、「出版、編集とは何か」を問い直す意味(変わりつつある編集者の役割;企画は自ら考えよ! ほか)

著者紹介

片山一行[カタヤマイッコウ]
1953年愛媛県宇和島市生まれ。1975年、早稲田大学第二文学部卒業後、中経出版(現KADOKAWA)に入社、経営実務書の編集に携わる。1983年、かんき出版へ転職。ビジネス書を始めたばかりの同社の基礎をつくる。1990年頃から次々とベストセラーを連発。1998年、取締役編集部長を最後に退職。以後はフリーランス編集者として、すばる舎、フォレスト出版、PHP研究所、ダイヤモンド社などの本づくりに関わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)