勝ち続ける組織の作り方―青森山田高校サッカー部の名将が明かす指導・教育・育成・改革論

個数:

勝ち続ける組織の作り方―青森山田高校サッカー部の名将が明かす指導・教育・育成・改革論

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2019年10月20日 00時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908059629
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0030

内容説明

逆境だからこそ常勝軍団!元ホテルマン、監督経験なし。地方ゆえ年間移動距離7000キロ以上、1年の3分の1は雪に覆われてしまうグラウンド。しかし、どのような環境でも思考を働かせ、工夫を凝らし、ひたすら行動することで、「ハンディキャップ」は「味方」に変わる!

目次

第1章 常勝軍団・青森山田高校の強さの秘訣 育成論(常に勝ち続けられる理由;青森山田高校とは ほか)
第2章 監督になるまでの道のり 経験論(サッカーを始めるまで;サッカーで進学、そしてホテルマンに ほか)
第3章 組織のリーダーに必要な資質 指導論(挫折や敗北の意義、価値とは;指導者はスパイスを与える仕事 ほか)
第4章 トップを目指す選手に伝えたいこと 教育論(飲水タイムの確保から生まれた判断力の低下;用具から読み取れる選手の思考力と心 ほか)
第5章 組織・環境・意識を変える 改革論(組織改革の考え方と条件;悪い組織の現状 ほか)

著者等紹介

黒田剛[クロダゴウ]
1970年、北海道札幌市生まれ。青森山田高校サッカー部監督。登別大谷高校(現・北海道大谷室蘭高校)、大阪体育大学体育学部卒業後、ホテルマン、公立高校教諭の経験を経て、94年に青森山田高校サッカー部コーチ、翌年、監督に就任。監督22年目(2016年現在)で31人のJリーガーを輩出。青森県内公式戦(高校総体、選手権、新人戦)320連勝中(2016年11月現在)。全国高校総合体育大会サッカー競技、17年連続出場中(2016年現在)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件