国道3号線―抵抗の民衆史

個数:

国道3号線―抵抗の民衆史

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6変判/ページ数 272p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784907986735
  • NDC分類 219.06
  • Cコード C0030

内容説明

九州を掘りおこせ!鹿児島の西南戦争から北上し、水俣病裁判、サークル村、筑豊炭鉱、米騒動まで、中央に抗し続けるこの“島”の闘いをたどる物語。

目次

第1章 新政府か反動か、あるいは…西南戦争・山鹿コミューン・アジアの革命
第2章 水俣病と悶え
第3章 炭鉱と村
第4章 米騒動

著者等紹介

森元斎[モリモトナオ]
1983年、東京都に生まれる。長崎大学教員、大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。博士(人間科学)。専攻は、哲学、思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

師走しんどい・寺

65
この森元斎という学者さんは、ちくま新書で『アナキズム入門』という面白そうな本を書いているので、いつか1冊読んでやろうと思っていたら、こんな面白い本を読めて良かった。九州を貫く国道3号線。鹿児島から門司へ至る過程で、西南戦争や水俣病、炭鉱に米騒動と、九州の抵抗史を紹介してくれる。近頃、熊本の橙書店・田尻久子さんの本を読むようになって、つくづく考えるが、熊本人というのは「肥後のもっこす」と言われるだけの気骨があるのは確かだと思う。人を救う人を産む土壌。「土佐のいごっそう」高知もそうだよなあ。オススメします。2020/11/22

かんがく

11
前近代にはアジアに開かれた国際的な地域であったが、近代化の中で炭鉱開発や水俣病などの様々な問題を押し付けられ、国内にある「植民地」と化した九州。そのような近代化に対しての西南戦争、宮崎滔天、石牟礼道子、谷川雁などの「抵抗」の思想を扱った一冊。鹿児島から「東京」方面に向って国道3号線を上っていく描き方も象徴的。オルタナティブとしての九州のパワーを感じた。九州・沖縄・台湾・朝鮮などを媒介に東アジア史を考えていく必要がある。2021/02/14

naoudo

2
「水俣病 世界に伝えたい」 : 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO76230020R01C21A0CE0000/2021/10/01

naoudo

2
春秋 : 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO75952730S1A920C2MM8000/2021/09/22

naoudo

2
現在進行形の水俣病 映画上演、社会に再認識求める:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG2725S0X20C21A8000000/2021/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16428100

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。