レイシズムを考える

個数:
  • ポイントキャンペーン

レイシズムを考える

  • 清原 悠【編】
  • 価格 ¥3,300(本体¥3,000)
  • 共和国(2021/05発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 150pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5変判/ページ数 440p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784907986384
  • NDC分類 316.8
  • Cコード C0036

内容説明

社会を覆い尽くそうとしている、レイシズム、ヘイトスピーチをはじめとする各種の差別を、わたしたちはどう考え、どう対抗すればいいのか。気鋭の研究者21名によるさまざまなアプローチを通して、この腐った現実に楔を打ち込む決定的な論集。主要ブックガイドを附す。

目次

第1部 差別とは何か(日常をとりまくレイシズム;一世紀前の「ヘイトの時代」から考える―アメリカ南部におけるリンチとその歴史的背景;レイシズムの精神分析―ヘイトスピーチを生み出す享楽の論理;レイシズムの社会心理学的研究;差別とは何か;資本主義・国民国家・レイシズム―反レイシズム法の意義と限界)
第2部 差別を支えるもの(ヘイトスピーチとナショナリズム;ヘイトクライム、あるいは差別の政治化について―アレントの全体主義からレイシズムを考えるための試論;国籍と戸籍;日本型ヘイトスピーチを支える一九五二体制―「在日特権」を生み出す戦後日本の入管法制;「左翼的なもの」への憎悪―ヘイトスピーチを増幅させるもの;ネット右派の起源―九〇年代後半のネット右派論壇の成り立ち;多様性を祝う―『仲良くしようぜパレード』が喚起した感情/情動)
第3部 差別に抗する(差別否定という言説―差別の正当化が社会にもたらすもの;朝鮮人差別克服のための闘い―日本朝鮮研究所の反差別語闘争を中心に;公的レイシズムとしての環境レイシズム―環境正義運動の示唆する社会変革への視座;ヘイトに立ち向かう社会的免疫力―オーストラリアのイスラムフォビアの事例から;リベラリズムにおけるヘイトスピーチへの対抗策―ミルとローティからの応答;ヘイトスピーチに対する大学の対応のあり方;トランスナショナル・ヒストリーとしての美術史に向けて―プリティッシュ・ブラック・アートを中心にレイシズムに抗するアートを考える;プロパガンダの中の「日本人」―文学研究とレイシズム批判の接続に向けて;戦後補償問題に取り組む社会運動―歴史に埋め込まれたレイシズムに向き合うことの意味)

著者等紹介

清原悠[キヨハラユウ]
1982年生まれ。立教大学兼任講師。専攻は、社会運動論、メディア論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。