発達障害の子の子育て相談<br> 発達障害の子の子育て相談〈1〉思いを育てる、自立を助ける

個数:

発達障害の子の子育て相談
発達障害の子の子育て相談〈1〉思いを育てる、自立を助ける

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784907582067
  • NDC分類 378
  • Cコード C0036

内容説明

知的遅れがあってこだわりが強くたって、元気に働く大人になれる!ASD(自閉スペクトラム症)で公務員の息子「てっちゃん」を育てた著者が、本人の思いを育て自己決定を尊重し、できることより幸せになることを目標にした子育てを伝授。

目次

先輩、相談です。ありのままに地域で生きる(障害があるのに、実り多い人生をと願っていいのでしょうか;夫と子どもの祖父母が障害と認めず、受診に反対します;子どものためには自分の人生をあきらめるべき?;ご近所に迷惑をかけてばかり。いっそ家に閉じ込めてしまいたい… ほか)
先輩、相談です。思いとスキルを育てる(自分から人の輪に入ろうとはしないけど、人とかかわる心地よさを教えたい;せめて、何が欲しいのか言わせたい…;パニックは障害のせいで仕方ないのでしょうか;ほめて育てろとよくいわれますが、できないところばかり目につきます ほか)

著者等紹介

明石洋子[アカシヨウコ]
社会福祉法人あおぞら共生会副理事長、一般社団法人川崎市自閉症協会代表理事(川崎市自閉症児親の会会長)、NPOかわさき障がい者権利擁護センター理事長。そのほか、社会福祉法人やNPO法人等の理事・評議員、川崎市の障害者施策審議会委員等も務める。1946年埼玉県生まれ。九州大学薬学部卒業。製薬会社、医薬品卸会社等勤務を経て現職。薬剤師・社会福祉士。二児の母。長男徹之氏は知的障害のあるASD(自閉スペクトラム症)で川崎市職員。2008年に第4回ヘルシー・ソサエティ賞、2012年に厚生労働大臣賞を、また2017年に、徹之氏と共に第19回「糸賀一雄記念賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。